Cal2todo: 済んだ予定にはチェックマーク。カレンダーの予定を ToDo にするタスク管理アプリ。

Cal2todo
Cal2todo


Cal2todo は1件の予定を1件の ToDo として扱う、カレンダーとタスク管理が融合したアプリです。

標準のカレンダーアプリに登録されている2週間分の予定を読み込み、その日の予定を ToDo としてリストアップ。完了した予定にはチェックマークを付けていきます。

予定と ToDo の管理をよりスマートに行いたい方や、予定と ToDo を別々に扱うことに疑問を感じていた方にオススメのアプリです。

おすすめ iPhone アプリ


左:起動すると、その日の予定が表示されます。済んだ予定にチェックを入れると…
右:リストから消えます。予定のデータは消えません。

Cal2todo
Cal2todo


Cal2todo

左上のチェックマークボタンをタップすると、チェックを入れた予定を表示します。

予定をタップするとその詳細をチェック、編集できます。

予定の右端に表示されている【▶▶】をタップすると…


Cal2todo

予定の開始時間を変更できます。

【今日】【次の日】【来週】【朝】【昼】【夕】ボタンをタップすると、設定であらかじめ指定した時間帯へ予定が移動します。

【1時間後】【3時間後】【5時間後】は、初期設定では「現在の時刻」からx時間後に予定を移動させます。設定を変更すれば「開始時刻」からx時間後に移動が行えます。

また、右端に半透明に表示されている【>】をタップすると、具体的に日時を指定して予定を移動することができます。


左:もちろん予定を追加することもできます。右上の【+】をタップすると…
右:標準のカレンダーアプリと同等の予定追加画面が表示されます。

Cal2todo
Cal2todo


Cal2todo

今日の予定だけでなく、昨日・明日・明後日の予定をチェックする時は、画面下の【YESTERDAY(昨日)】【TOMORROW(明日)】【IN2DAYS(明後日)】をタップします。

それぞれのボタンの上にはその日の予定件数がバッジで表示されています。


Cal2todo

画面上部の今日の日付をタップすると、2週間分のカレンダーが表示されます。

カレンダーの日付をタップすることで、画面下部のボタンからは表示できない以前の予定・将来の予定を確認できます。


Cal2todo

既に予定の終了時間を過ぎている場合は、このように予定の背景色がピンク色に変わります。

こういった予定は、開始時刻の隣に表示されている【☆】をタップすることで、今日まで予定を繰り越せます(繰り越されるのは日付が変わってから)。

繰り越し後も☆は付いたままなので、済みにしない限りは延々と繰り越されます。


設定では非常に多くの項目を調整できます。設定次第では ToDo アプリのように、未完了予定の件数をホーム画面のアプリのアイコンにバッジ表示できます。

Cal2todo
Cal2todo


まとめ

思えば ToDo と予定は密接不可分な存在です。ToDo を行うとなれば予定にも影響します。カレンダーに ToDo を行う予定を追加する必要も生じることもあります。そういった場合、このアプリは予定を ToDo として扱う訳ですから理想的です。

ToDo を予定として、あるいは予定を ToDo として、1つのアプリで管理したい方はぜひお試しください。

おすすめ iPhone アプリ
開発 Yasuko Shikiuchi
掲載時の価格 ¥85
カテゴリ ビジネス
容量 11.7 MB
執筆時のバージョン 1.0.21
Cal2todo カレンダーをそのままチェックリストに!
Cal2todo カレンダーをそのままチェックリストに!
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ