xPence: スタイリッシュで使いやすい家計簿アプリ。出費が生じた場所も記録できる。

xPence
xPence


xPence はスタイリッシュなデザインの家計簿アプリ。日々の収入・出費を記録できるだけでなく、出費が発生した場所を位置情報サービスを使って記録できます。

出費は作成したカテゴリ毎に記録していきます。カテゴリ毎の出費が分かるほか、今日・今週・今月・今年など、期間を区切って出費を確認できます。

出費をグラフ化して表示する機能もあり、どのカテゴリの出費が多いのか、どこが節約できるのかをすぐにチェックすることもできます。

おすすめ iPhone アプリ


左:まずは今の資産を記録します。【Income】をタップして右上の【+】をタップ。
右:ここでは給与を記入してみます。

xPence
xPence


xPence

すると【Income】=収入として給与が記録されました。

それでは日々の出費=【Expenses】を記録していきましょう。

画面下の【Income】の隣にある【Expenses】をタップします。


xPence

出費はカテゴリ毎に記録します。

カテゴリを作るには左上の【+】をタップします。

この画面からカテゴリに出費を記録するには、四角のカテゴリを長押しします。


xPence

カテゴリの作成画面。

カテゴリの名前とテーマ色を設定します。

テーマ色はそれぞれのカテゴリで異なるものを設定した方が、あとからデータを見る際に見やすくなります。


xPence

カテゴリを作成すると、このようにそのカテゴリに該当する出費を記録できます。

リスト上部の【d】はその日、【w】はその週、【m】はその月、【y】はその年の出費を表示するボタンです。

出費の合計は画面下に表示されます。

新しい出費を記録するには右上の【+】をタップしましょう。


xPence

出費の内容と金額を記入します。

初期設定では位置情報サービスを利用して、この出費を作成する際の位置情報を合わせて記録することができます。

ですから、出費が発生した直後にそれを記録しておけば、「いつ」「どこで」「何のために」「どれくらい」出費したのかが分かります。


左:リストから出費をタップすると…
右:その詳細をチェックできます。記録時の場所も確認することができます。

xPence
xPence


左:カテゴリ一覧で画面を下から上へスワイプすると…
右:今までの出費をカテゴリを問わず、リストアップできます。

xPence
xPence


xPence

【Statistics】画面では、指定した期間の出費をグラフ化して表示します。

どういった出費が多いのか一目で分かるので、節約する際に役立ちます。


xPence

【Settings】画面では、このアプリの設定を変更できます。

起動時にパスコードを入力するように設定できたり、外国の通貨で記入した出費の金額を設定した通貨(初期設定では日本円)に自動変換するように設定することもできます。


まとめ

インターネットに接続できる環境で一度起動しないと、出費の金額を入力・記録しても無効な数値になってしまう問題があります。iPod touch で利用される場合は要注意です。

この問題を除けば、デザインもスタイリッシュで洒落ていますし、使い勝手も申し分ないので使っていて楽しい、しかも実用的な家計簿アプリと言えます。

ぜひお試しください。

おすすめ iPhone アプリ
開発 Sendal
掲載時の価格 ¥250
カテゴリ ファイナンス
容量 2.3 MB
執筆時のバージョン 1.0
xPence
xPence
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ