【昼刊】電話アプリのキーパッドにあるアルファベットの謎を解明!

電話アプリのアルファベットの謎 (1)
iPhoneの電話アプリにあるアルファベット、気になりませんか?

「1」には何もアルファベットが書かれておらず、「0」には「+」が書かれている。

これはいったいなんの為のアルファベットなか…。

気になり出すと夜も眠れない!ってことで、銀座Appleジーニアスバーで聞いてきたゾ。


答えはAppleのアメリカ版サイト内にあった!

Appleのサイト内でiPhoneやiPadのサポート電話番号を調べてみよう。すると表示されているのは以下の電話番号だ。

電話アプリのアルファベットの謎 (2)


「MY-APPLE」?ど、どういうことだ!?電話番号の箇所なのに文字が書かれている。

ジーニアスバーのおにーさんも「おもしろいでしょ?」とか言っちゃってるしナメられているのだろうか…。
続けておにーさんに「メモ帳にこの通りに入力してみてください」と言われる。

やってみよう…。

素直に「1-800-MY-APPLE」と。そして【完了】ボタンを押すと魔法がおきた。
勝手にアンダーラインが入ってリンクになっている!?

電話アプリのアルファベットの謎 (3)
電話アプリのアルファベットの謎 (4)


電話アプリのアルファベットの謎 (5)
タップしてみると、勝手に電話がかかりはじめた!

ちょまっ!?Σ(゜Д゜)

とりあえず通話終了。


電話アプリのアルファベットの謎 (6)
一息ついて落ち着こう。履歴からかけた電話番号をチェックだ。

わかりやすくハイフンを挟むとこんな感じ。

1-800-69-27753

お気づきだろうか、この魔法に。


電話アプリのアルファベットの謎 (7)
そう、各番号に書かれたアルファベットの部分をタップすると、電話番号が完成しているのだ。

「M」は「6」、「Y」は「9」と言うように、英単語の「MY APPLE」をタップすると電話番号が完成しているという仕組みだ。

なんて画期的!


日本では「117117(いいないいな)」というように当て字で消費者に電話番号を覚えてもらおうとする。
それと同じようにアメリカでは単語の組み合わせで電話番号が覚えられるようになっているのだ。

「1」にアルファベットがないのもアメリカ特有の「長距離電話用番号」だからだそうだ。

ちなみに日本のAppleコールセンターは「0120-APPLE-5(0120-27753-5)」。
アップル・ゴー!

アメリカでは普通なことかもしれないが、日本人には新鮮!!変な語呂合わせより覚えやすい!
(・∀・)イイネ!!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!