DropboxとEvernoteは、こう使い分けると便利!

みなさま、こんにちは。

PCやiPhoneをもっと便利に使うことができるクラウドサービス。その中でも最もメジャーなのが「Evernote」と「Dropbox」とですよね。

ただ同じクラウドサービスなのに、2つとも使う必要があるのかと感じる方や、同じ機能じゃないの?と混同される方もいらっしゃると思います。

そこで、「Dropbox」と「Evernote」をどのように使い分ければいいのか考えてみたいと思います!


Evernoteは「メモ帳」

PCでもiPhoneでも、Evernoteを開くとすぐにメモを取る画面が表示されます。これはEvernoteが主に「メモ帳」として使うようになっているからです。


Evernote単体で、

  • 新規メモ作成
  • メモの編集
  • メモの閲覧

が出来ます。

一方のDropboxには、メモを取る機能はありません。Dropboxにメモを残したい場合は、別にテキストエディタやメモを取るためアプリが必要となります。


Dropboxは「ファイルの保管場所」


Dropboxの主な使い道としては、

  • PDF/テキストデータ
  • 写真・動画ファイル
  • 音楽データ

などの、ファイルの保管場所としての役割がメインとなります。


Dropboxで、ファイルを共有する

仕事で作成したPDFファイル・旅行で撮った写真など、他の人とファイルを共有したいとき、Dropboxには「共有リンク機能」というものがあります。


ファイルにアクセスするためのURLリンクがかんたんに取得できるので、それを共有したい相手に送れば、ファイルのダウンロードやコピーがすぐにできます。

Evernoteにもファイルの共有機能はありますが、一部機能がプレミアム会員(有料)のみとなるため、共有機能に関してはDropboxのほうが幅広く使えます。


まずは、「メモ帳」と「ファイル保管庫」で始めてみては。

メモを取る、メモを編集するのはEvernoteが便利です。また、色々なファイルを保管・共有するにはDropboxのほうが使いやすいです。

どちらにも得意な点・不得意な点があるので、用途にあわせて2つを使い分けましょう!


Evernote・Dropboxをもっと便利に

EvernoteとDropboxのもっと詳しい使い方は、こちらのページで紹介しています。

・Evernote
【保存用】Evernote の完全まとめ。基本機能の使い方解説から応用まで! – AppBank

・Dropbox
【保存用】Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。 – AppBank

Dropboxまとめ

Dropboxの使い方を基本から応用まで徹底解説。Dropboxに追加された新機能もご紹介しています。
【保存用】Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ