中の人 ネット界のトップスター 26人の素顔: NHK広報局・蝉丸P・安全ちゃん…「中の人」たちの素顔が見える!?

今回、ダ・ヴィンチ電子ナビよりご紹介頂く「今週はこの一冊!」は中の人 ネット界のトップスター 26人の素顔です!この記事の執筆者は「ゆりいか」さんです。

NakanoHito
「理想は、悪じゃないほうのクラスの人気者。」

「一回書いてみて、自分が面白いと感じるかだけが基準です。」

「私、ここ半年、家族以外でこんなにしゃべったの初めてですよ。」

アキバblogやザイーガ、安全ちゃんオルグ日記、ニコニコ仏教講座まで、ネットをよく見る人であれば一度は必ず目にしたことあるサイトの運営者、いわゆる「中の人」に迫ったのが『中の人 ネット界のトップスター26人の素顔』だ。


*単体アプリではなく、「BOOK WALKER」アプリ内から購入する電子書籍です。

おすすめ iPhone アプリ

本書は「累計で五年間、合計103名の「中の人」たちにインタビュー」したという「古田雄介の”顔の見えるインターネット”」が元となっている。

連載から22人の方に追加取材を行い、新たにTwitterで有名なNHK広報局にインタビュー、さらには、日本のポップカルチャーを世界に向けて紹介するカルチャージャパンに、かつての連載を元に一から再取材をしている。そのため充実した内容なのはもちろんのこと、インタビュー当時から現在までのネットの変化も垣間見ることができる。

例えば、嘘のニュース記事サイトの投稿で有名な『虚構新聞』はインタビューから三年が経ち、サイト記事の書籍化からTwitterが普及したことによる反応など、それぞれの環境の変化を追いながら読むと興味深い。

また、インタビューの合間に挟み込まれる『インターネットから顔を見る』というコラムでは、ウィキペディアやTwitterといったサイトに関する古田氏独自の考察や、インタビューの際の情報収集の方法などが書かれており、インタビューをしている側が一体どのようなスタンスで「中の人」たちを取材し、文章を構成したのかがわかるようになっている。

「これまで挙げたような調査をしても、ネット上に人となりがほとんど面に出ていない方も中にはいました。(中略)実際に会ってみるとシミュレーションからかけ離れた人も少なくありません。まあ、当たり前のことではありますが、手が届く範囲にある限られた情報だけで人物像を作るクセがつくと、つい錯覚したり、判断を見誤ったりしてしまうんですよね。」

だからこそ、実際に取材し、ひとりひとりの声に真摯に耳をかたむけてつくられた本書からは、有名サイトを運営しているそれぞれの「中の人」たちの普段見せることのない素顔が浮かんでくるようになっている。それぞれがどのような姿勢で情報を取り扱い、どんな思いで発信しているのか、ネットの外側だからこそ聞くことのできるたくさんの本音が詰まった本だ。

時代は顔の見えるインターネットへ

NakanoHito
『NHK広報局のインタビュー』 理想は、悪じゃないほうのクラスの人気者という言葉はNHK広報局の人となりが見える部分も。


NakanoHito
『虚構新聞のインタビュー』 サイト設立日まで嘘の混じった『虚構新聞』、実際のインタビューに嘘はないように思えるが…


NakanoHito
『蝉丸Pのインタビュー』 インタビューは実際会うだけでなく、Skype等も利用して行われるという。実際の顔を知る手段自体が多様化しているということだろうか。


NakanoHito
『僕の観た秩序。のインタビュー』 三年前まで顔写真を公開しなかったヨシナガ氏も、環境の変化から様々な場面で露出するように。


NakanoHito
著者コラム『それでも顔が見えない人も』 密にコミュニケーションをとるまでは、事前情報全てを「仮モノ」と考えるという姿勢はわたしたちがSNSを使う際にも気をつけておくとよいことかもしれない。


おすすめ iPhone アプリ
開発 KADOKAWA CONTENTS GATE Co.,Ltd
掲載時の価格 無料
ジャンル ブック
容量 16.2 MB
執筆時のバージョン 2.3.3

他のオススメ電子書籍を知りたい人は

ダ・ヴィンチの電子書籍紹介アプリをどうぞ!
ダ・ヴィンチ電子ナビ: あるようでなかった電子書籍のレビューアプリ!コミックからライトノベルまで。無料。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ