Aviaryのフォトエディタ: 基本的な写真加工ができるアプリ。無料。

Aviaryのフォトエディタ (5)
Aviaryのフォトエディタは、ベーシックな写真を加工ができるアプリです。

写真を補正するための基本的な機能は、これ1つで全部できます。(切り抜き、トリミング、回転、輝度、コントラスト、彩度、シャープネス、テキスト入力など)

また、人物写真用の補正(赤目修正、歯を白くする、しみ除去)もできます。

簡単な操作方法で、とっつきやすいので加工をしたことがない方にもオススメです。
それでは、さっそく見ていきましょう。


おすすめ iPhone アプリ


Aviaryのフォトエディタの使い方を動画でチェック!


Aviaryのフォトエディタ (15)
編集する写真を選択しましょう。

【真ん中のこの写真を編集】は、直近で撮影した写真がカメラロールから表示されます。

過去に撮ったカメラロールの写真を編集する場合は、右の【ギャラリー】から選択しましょう。


Aviaryのフォトエディタ (14)
下に並んでいるのが編集メニューで、スクロールすると合計3ページあります。

1つずつ見ていきましょう。


Aviaryのフォトエディタ (13)
これは、撮影したシーンにピッタリな明るさや色に補正してくれます。

例えば、夜撮った写真なら【夜】を選択すると、写真が全体的に明るくなります。


効果

Aviaryのフォトエディタ (12)
ここでは、フィルターがアドオンで購入できます。

グランジ、ノスタルジア、ファインダー効果の3つのカテゴリに分かれており、それぞれ¥85です。


ノスタルジアを購入してみました。
こんな感じのノスタルジックなフィルターが6種類入っていました。

Aviaryのフォトエディタ (11)
Aviaryのフォトエディタ (10)


グランジ、ファインダーのサンプルはこんな感じです。

Aviaryのフォトエディタ (9)
Aviaryのフォトエディタ (8)


Aviaryのフォトエディタ (7)
回転と反転もできます。


Aviaryのフォトエディタ (6)
切り抜きもできます。


Aviaryのフォトエディタ (5)
2ページ目の機能がこちらです。

明るさ、コントラスト、彩度、鮮明度(シャープネス)を調整できます。

またドローで、手描きもできます。


Aviaryのフォトエディタ (4)
3ページ目の機能はこちら。

テキスト入力、赤目補正、美白機能、傷補正機能があります。


美白機能を村井さんの顔で試してみました。
元写真と比べると、違いは歴然です。

Aviaryのフォトエディタ (4)
Aviaryのフォトエディタ (3)


次は、傷補正機能を試してみました。
この機能を使えば、しみや・しわ・ほくろ・ニキビなどを隠すことができます。
元写真と並べると、肌がめっちゃキレイになっていますね!!

Aviaryのフォトエディタ (4)
Aviaryのフォトエディタ (2)


Aviaryのフォトエディタ (1)
テキストを入れるとこんな感じです。

フォントは選べませんが、大きさは自由に変えられます。


写真の基本的なか加工機能が全てできます。
これで無料なので、普段あまり写真加工はしない方でも入れておくと便利だと思います。

おすすめ iPhone アプリ
開発 Aviary
掲載時の価格 無料
カテゴリ 写真/ビデオ
容量 9.4 MB
執筆時のバージョン 1.0.3
Aviaryのフォトエディタ
Aviaryのフォトエディタ
▲ 参考になったら押してみよう! ▲
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
みんなのGOLFが『みんゴル』としてスマホゲームに登場!
事前登録して「アバタープライズチケット」や「限定ウェア」を手に入れよう!

みんゴル

AppBank 全力プッシュ!

オススメ