GoodReader使いこなし: ファイルをパスワードで保護する方法

GoodReader
GoodReader


GoodReader for iPhone の便利な技をご紹介する「GoodReader使いこなし」。今回は GoodReader とその中のファイルをパスワードで守る方法です。

今回ご紹介する技をマスターしておけば、iPhone を勝手に触られても GoodReader が起動できなかったり、ファイル・フォルダが閲覧できないようになります。見られては困るファイルを収めている方・重要なファイルを持ち歩く方は必ず設定しましょう。

おすすめ iPhone アプリ

起動パスワードを設定する

左:歯車の設定ボタンをタップします。
右:次に【Security Settings】をタップ。

GoodReader
GoodReader


GoodReader

【Ask password on startup】をオンにしてパスワードを設定します。

起動時・アプリ切り替え時に必ずパスワードを尋ねるように【Ask very often】もオンにします。

10分の1回、またはアプリを終了してから初めて起動する時にパスワードを尋ねるようにしたい場合は【Ask very often】はオフにします。


GoodReader

これで設定した条件でパスワードを尋ねるようになります。

正しいパスワードを入力しないと GoodReader の機能が全く利用できません。


iTunes を使ってもファイルはコピーできません

GoodReader に起動パスワードを設定し、iPhone をパスコードでロックすると、PC の iTunes を使っても GoodReader のファイルは PC にコピーできません。ただし、ファイル名は表示されます。また、ファイルの削除も可能です。

パスコードを入力して iPhone のロックを解除した状態だと、PC の iTunes を使って GoodReader のファイルは取り出せてしまいます。

GoodReader のファイルを守るには起動パスワードの設定と iPhone をパスコードでロックすることをお忘れなく。


パスワードでファイルを守る

起動パスワードほどの保護は必要ないけれども、特定のファイルは見られたくない場合には、共通のパスワードで指定したファイルのみをロックしましょう。

GoodReader

先ほどと同じ【Security Settigns】の【Set password for files & folders】をタップ。

ファイルのロックを解除する際に必要なパスワードを設定します。

これは共通のパスワードです。どのファイルをロックしても、ここで設定したパスワードでロックを解除できます。


左:ロックしたいファイルを選ぶために右上の【Actions】をタップします。
右:ファイルを選択して【>>】をタップ。

GoodReader
GoodReader


左:【Protect】をタップします。
右:先ほど設定したパスワードを入力します。

GoodReader
GoodReader


GoodReader

するとファイルに鍵のマークが付きます。

ファイルを開くには、先ほど設定したパスワードを入力する必要があります。

※この方法でファイルをロックしても PC の iTunes を使えばファイルをコピー・閲覧できます。


GoodReaderの使い方まとめ

その他の使い方・技はこちらからご覧ください。
【保存用】GoodReader for iPhoneの使い方まとめ。基本・応用・小技がチェックできます。


おすすめ iPhone アプリ
開発 Good.iWare Ltd.
掲載時の価格 ¥450
カテゴリ 仕事効率化
容量 23.6 MB
執筆時のバージョン 3.15.1
GoodReader for iPhone
GoodReader for iPhone
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!