駄菓子Bar「秘密基地A-55」に潜入せよ!(昼刊)

秘密基地。子どもなら誰もが憧れるであろうこのワード。
それは大人になった今でも変わりません。
今回私が潜入したのは、大阪にある駄菓子Bar「秘密基地A-55」。

駄菓子Barという聞き慣れないかと思いますが、一体どんなお店なんでしょうか?
さっそく見ていきましょう。


ここが駄菓子Bar「秘密基地A-55」だ!

大阪市北区太融寺町7-11 4Fにあるこちらのお店。
地下にある「泉の広場」を目印に、地上へあがると行きやすいですよ。

駄菓子Bar (14)


駄菓子Bar (13)
どうやらここが、そのお店なようです。

なんともうさんくさい雰囲気が漂っていますが、勇気をだしてドアを開きました。

ガチャ・・・。


扉を開くとそこは、正真正銘の秘密基地でした!

左の液晶テレビではアニメがながれており、右のホームシアター用スクリーンでは、ぷよぷよやマリオカートなどスーファミで遊べます。

駄菓子Bar (11)


このように、いたるところに懐かしのオモチャや、シール、下敷きがズラリ。
机の上が散らかっているように見えますが、ガラス板の下に敷き詰められているだけなのです。

駄菓子Bar (10)


コースにもよりますが、チャージ料に駄菓子&アイス食べ放題が含まれます。
駄菓子が食べ放題だなんて、まさに子どもの頃の夢ですよね!

駄菓子Bar (9)


黒板には今日の日直の名前が。
日直さんは、次の授業が始まるまでに黒板消しとかないとね。

駄菓子Bar (8)


お店では店長のチョイスで、懐かしのアニソンが流れています。
それだけでもうテンションあがりますよね。
アニソンが聞きたくなってきた?それなら、こちらのアプリをどうぞ。

歴代ヒットアニソン! -思い出のアニメソング youtube動画で懐かしいアニメのオープニングやエンディングが見れる!聞ける!-

駄菓子Bar (12)


懐かしいオモチャにテンションがあがる我々。剣シャキーン。

駄菓子Bar (7)


駄菓子Bar (6)
おもむろに、そこにあったランドセルをしょってみました。

上履き袋とそろばんが、リアルですね。

「僕今からそろばん行かなあかんねん」


ドラクエ風のフードメニュー

マミルはミロをのんだ。HPが20かいふくした。

駄菓子Bar (5)
駄菓子Bar (4)


そして、こんな遊び心満点のお店を考案した店長も、iPhoneユーザーだったことが判明。
AppBankを知ってくれていました。そんな店長のiPhoneがこれ。

駄菓子Bar (3)
駄菓子Bar (2)


そんな店長にオススメの懐かしい気持ちになれるアプリを聞いてみました。

思い出ソング
→思い出の曲が聞けるアプリだそうです。アニソン以外も聞けますよ。

コレ覚えてる? – 懐かしグッズ –
→お店に置かれている懐かしグッズはもしやこのアプリがヒントになったのでしょうか。


ラストは、同行してくれた大阪を拠点に活動するiPhoneラブ部の皆と一緒にハイチーズ。
(1番前で水鉄砲を持ってるのが店長です。)

駄菓子Bar (1)


駄菓子Bar「秘密基地A-55」について

正式名称:秘密基地 駄菓子Bar A-55
場所:大阪市北区太融寺町7-11 4F
月・火・水・木 19:00~01:00
金・土・祝前 19:00~05:00
定休日 日・祝 (予約のみ営業)

詳細はこちらの日誌をチェックだ!→貸切パーティしてくれたお客さん|大阪 梅田 秘密基地駄菓子BAR A-55のブログ

明日の昼刊は、えがくさんでーす。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ