Pick out !: 動画から「ここ!」という瞬間を写真として切り出すアプリ。シンプル操作がいい。

pickout
静止画は決定的瞬間を狙うのがたいへん。特にちびっこや動物なんて至難のわざですよね。

私もしょっちゅう子どもの写真を撮っていますが、いい顔って何故か狙っていないときに出るもので・・・。

Pick out !は動画のなかから気に入った瞬間を静止画として切り出してくれる便利なアプリ。


抽出のする秒数も細かく設定できるので「ここ!」という瞬間を確実に写真として残すことができます。

さっそくご紹介します。


アプリの操作を動画でチェック


pickout
起動しました。

動画はカメラロールから読み込みです。以前読み込んだ動画はアプリ内に残るようになっています。

アイコン部分をタップしてメニューを選択します。


pickout
カメラロールから動画を読み込んでみます。


pickout
【選択】をタップすると、編集可能な状態にするためビデオの圧縮が始まります。

30秒の動画で5秒ほどで終了するのでストレスは感じませんでした。


pickout
読み込みが終了しました。

この画面を上から下にスワイプすると、自動的にカメラロールに写真として保存されます。カンタン!


また、左右にスワイプするとパラパラ漫画のように画像が切り替わっていきます。サクサクと見ていって、欲しい写真は下にひょいっとスワイプ。気持ちいい操作感です。

pickout
pickout


pickout
また画面を下から上にスワイプすると上下にメニューバーがあらわれます。

上段のメニューは左から「カメラロールから読み込み」「以前読み込んだ動画から選択」「設定」「トップに戻る」です。


pickout
下のスライダーはいわば「巻き戻し・早送り」のような感じです。

スワイプよりも高速で画像がチェックできるので、長い動画から抽出する場合はこちらの方が便利ですね。


pickout
設定では画像を抽出する時間を設定できます。

0.1秒から2.0秒の間で5パターン用意されています。


pickout
実際に抽出した画像がこちら。

写真より上手く撮れている瞬間があったり、逆に動画ゆえぶれていたり・・・じっくり見ながらベストショットを探すのは思った以上に楽しいです。


以上です。

操作がシンプルでカンタン、というのがなによりいいですね。加工などの処理はできませんがさくっと写真にしたい!という方にはオススメ。

実際私はずぼらなタイプなのでこのくらいの手軽さの方が性に合ってました。


おすすめ iPhone アプリ
Pick out ! ・開発: CREATAL
・掲載時の価格: ¥85
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 433 KB
・バージョン: 1.00


動画関連iPhoneアプリ

[iPad, iPhone] iMovie v1.3: 予告編を使って動画を作成できるようになった!
やっぱり使い勝手の良い純正アプリ。

[iPhone, iPad] ウゴトル: 自在な動画のコマ送り再生、さらに静止画の切り出しも!無料。
iPadでも使えるのがいいですね。

QueuingCam: 1秒動画が自動的に継ぎ足されていく、動画作成アプリ。ライフログに最適!
これ、おもしろいです。

[iPad, iPhone] ibisPaint X: 描いた工程が動画になる!他の人が描いた動画を見て学ぶことも!!無料
過程って大事だよね。

CinemaFX 動画効果: 動画にエフェクトをかけ全く違った印象のビデオを作ろう。2064
動画もエフェクトかけるとプロっぽくなるから不思議。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
AppBankのゲームコネクトでPS4や任天堂スイッチが当たるキャンペーン開催中!! 新規会員向けのプレゼントもありゲーコネ初めは、今がチャンス!

ゲームコネクト

オススメ