【iOS 6】標準のマップアプリの代わりに使える、無料の地図アプリ・サービス。

iOS 6 のマップアプリはデザインは良いものの、まだまだ発展途上にあるためか、地図の内容が誤っている部分があったり、情報が少ない地域もあります。

そこで iOS 6 標準のマップアプリの代わりとなる、iPhone で使える無料の地図アプリ・サービスを3つご紹介します。

いまのマップアプリでは心許ないと思った方は要チェックです。

ブラウザ版Googleマップ

iOS 5 までのマップアプリは Google マップの地図データを使っていました。「前と同じデザインの地図が良い」という場合には Safari からブラウザ版 Google マップを使いましょう。
Google マップ

現在地周辺の地図を表示できるほか、ルート案内もできます。ただ、iOS 5 までのアプリ版に比べると処理が重く、操作しづらい場面もあります。

マップアプリ
マップアプリ


頻繁にブラウザ版Googleマップを使う場合はブックマークに登録しておきましょう。
インターネットを快適に見よう!標準アプリ「Safari」のやさしい使い方

地図マピオン

マップアプリ
こちらは地図検索サービスのマピオンの地図を利用できる専用アプリです。

機能はキーワード検索・現在地表示・3D 風地図・標高表示が利用できます。

地図データは有名な地図メーカー「ゼンリン」のものを元にしています。


おすすめ iPhone アプリ


地図 Yahoo!ロコ

マップアプリ
こちらは Yahoo! が提供している地図アプリです。

キーワード検索・現在地表示のほか、ルート検索・店舗情報の確認などが行える多機能なアプリです。

こちらも地図データはゼンリンのものを元にしています。


おすすめ iPhone アプリ


iOS 6まとめ記事

【更新中】iOS 6の使い方まとめ。新機能や便利機能をチェックです!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ