【iOS 6】バイブパターンを着信、メールなどで別々に設定する方法。

iOS 5までは着信、メール、Twitterなど通知機能のお知らせと、目的別にバイブレーションパターンを変えることができませんでした。
また、アクセシビリティの機能を使っても、指定した人の電話とメールでパターンを切り分けることはできませんでした。

参考:iOS 5 の聴覚サポート機能を使えば、連絡先ごとにバイブパターンを変更できる!

iOS 6では、メールと着信を別々にバイブレーションパターンを設定したり、Twitterからのお知らせなのか、Facebookからのお知らせなのかわかるように違うバイブレーションを設定できるようになりました。

さっそく設定場所と設定方法をご紹介します。


設定場所は「設定」アプリの【サウンド】から

設定アプリの【サウンド】項目から、バイブレーションパターンの設定に進みます。


サウド設定の中段にある「サウンドとバイブレーションパターン」の項目に進みます。

ここに表示されている「着信音」、「メッセージ」などの9個の項目、すべて別々にバイブレーションパターンが設定できます。

設定したい「着信音」などの項目をタップします。


選択中のサウンド一覧画面に移動したら、画面の一番上までスクロールします。


すると、一番上に【バイブレーション】という項目があります。

ここで、個別にバイブレーションパターンを設定できるようになります。


バイブレーションパターンはデフォルトで用意されている7種類以外に、自由にバイブレーションパターンを作成することができます。

参考:iOS 5 の聴覚サポート機能を使えば、連絡先ごとにバイブパターンを変更できる!


友だちごとに着信音とメッセージのパターンを変更する方法

iOS 5まででもアクセシビリティの聴覚サポートをオンにすれば、登録している人別に着信音を変更することができました。

iOS 6では、聴覚サポートをオンにしなくても登録している人別に着信音を設定できます。さらに、着信とメッセージのバイブレーションパターンを別々に設定できるようになりました。

連絡先アプリを起動して、登録している情報の【編集】画面に進みます。


電話番号やメールアドレスを入力する画面の下に、「着信音」、「メッセージ」という項目があります。

ここで、電話の着信やメッセージの受信で違うバイブレーションパターンを設定することができます。


特徴的なバイブレーションパターンを作成して、ぜひ自分だけの設定を作ってみてくださいね。


iOS 6まとめ記事

【更新中】iOS 6の使い方まとめ。新機能や便利機能をチェックです!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ