ホームページに出ている「QRコード」を、カメラを使わずに読み取る方法!


iPhoneでホームページを閲覧していると、メールマガジンの登録に「QRコード」が表示されていることがあります。

しかし、iPhoneの画面上に表示されているQRコードは、iPhoneのカメラで撮影することができません!かといって登録用メールアドレスを手入力するのは、非常に手間がかかりますよね。

そこで今回は、iPhoneのカメラを使わずに、QRコードを読み取る方法をご紹介したいと思います。

QRコードのスクリーンショットを撮る。

サイトを閲覧していて、表示されるQRコード。iPhoneが2台あればもう1台のiPhoneで撮影すれば済む話ですが、1台しか手元になければそうはいきません。


そこでQRコードの部分を拡大表示して、「スクリーンショット」を撮影しましょう。

あまり拡大しすぎるとQRコードがギザギザになってうまく読み取れないことがあるので、拡大し過ぎないように注意が必要です。

スクリーンショットは、ホームボタンとスリープボタンを同時に押すと撮影できます。


アプリを使って、QRコードを読み取る。


QRコードをカメラロールに保存したら、今度はQRコードの読み取りアプリを起動します。

今回使うアプリは、アドレス交換 Liteです。


【QR読み取り】をタップし、【写真アルバム】を選択します。


そして、先ほど保存したQRコードを表示させたら、右下の【選択】をタップしましょう。


読み取った内容が表示されるので、赤枠の部分をタップしてください。読み取ったものがURLなら、サイトが表示されます。


右下のマークをタップするとメニューが表示されるので、Safariで開きなおすこともできますよ!


サイトのURLなど、長い文字列を入力するのは非常に手間がかかるので、iPhoneだけでQRコードが読み取れるのは嬉しいですよね!

サイト上のQRコードを読み取るときは、ぜひこの方法を試してみてください!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ