特打フリック: ガンガンフリックして文字を撃ちぬけ!気分はワイルドガンマン!

バキュン、バキュンと現れた文字をフリックして撃ち抜く特打フリックのご紹介です。


「特打」と言えば、パソコンでのタイピング練習ソフトの鉄板ですね。!遂にiPhoneにやってきた、と喜びたかったのですが…

まず、通常のキーボードが表示されず独自のキーボードが表示されます。キーボードの表示位置も通常と異なっているので、ちょっと感じが変わってきます。

それでも、フリック入力を使用したゲームだと考えるとなかなかおもしろいですね。カウンター越しのオヤジに「おめーの実力をみせてみな」と言われちゃやるしかない。気分は西部劇のガンマン。ガンガンフリックして次々と現れる文字パネルをナギ倒そう!

編集長はこのソフトでタイピングを練習したらしく、「超なつかしい!!」と興奮していましたよ!

2級ガンマンのフリック動画はこちら

アプリを楽しむためのオキテ

ワイルドガンマン気分を味わいながらフリック入力するために、3つのオキテを心得ておいてほしい。

ひとつ、音声はオンにして遊ぶべし。

ふたつ、毎月更新される単語を極めるべし。

みっつ、友達に自慢すべし。


以上のオキテを踏まえた上でゲームをスタートしよう。

ガンマン気分を味わえるモードは全部で3つ。

練習モードの「基礎射撃」。単語を入力できる「実践射撃」。とにかく早く入力することを目指す「早撃ち」。


基礎射撃でフリック方向を覚えよう

まずは基礎射撃から挑戦だ。

基礎射撃では全部で20個の文字パネルを順番に撃ち抜く練習ができる。

間違ってフリックすると、色と声で正しいフリックの方向をオヤジが押してくれるぞ。


フリック入力する文字は「あ」や「か」という文字以外に「!」や「。」というメールを撃つのによく使う記号もでてくる。

記号フリックまで覚えれば普段の入力も爆速になること間違いなし!


練習が終了すると、命中率が表示される。

練習モードでは速さは問われないから、まずは命中率を上げることも目標にしよう。


実線射撃で単語を撃ち落せ!

実線射撃モードでは、画面に単語が表示される。

濁点は濁点なしとして入力すれば OK だ。


制限時間60秒の中でどれだけの単語を入力したか、命中率やコンボはどうだったか記録される。


早撃ちモードはとにかく撃ちまくれ!

早撃ちモードでは、次々と現れる文字パネルを30秒以内にどれだけ撃ち落とせるか挑戦できるぞ。


入力順番も決まっていない。目についたものからでもア段を連続してでも OK だ。1級目指して撃ちまくれ!


ひたすらフリック入力したら、成績を Twitter や Facebook で友達に自慢しよう。

おすすめ iPhone アプリ
特打フリック ・開発: SOURCENEXT CORPORATION
・掲載時の価格: ¥350
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 37.2 MB
・バージョン: 1.0.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!