Seeq: ブラウザもマップもwikiも検索の窓口はここで!アプリランチャーにもなる。

seeq
アプリが大量でページめくりをするのが大変だなあという方、この Seeq を使って、よく使うアプリをひとまとめにしてみませんか?

工夫次第でiPhoneでの作業がスピードアップしそうですよ。


いろいろなアプリでの検索がひとまとめに!

起動します。右にアプリのアイコンが。下に入力欄が表示されます。
タップすると、入力可能になります。検索ワードを入力して、開くを押してみましょう。

seeq
seeq
seeq
するとSafariが立ち上がって、appbankを検索した結果が表示されました。


seeq
一度 Seeq に戻ってAppStoreのアイコンをタップしてみると、今度はAppStore検索の結果が表示されます。


Seeq はいろいろなアプリでの検索の窓口になってくれるんですね。
ChromeやSleipnirでの検索もこの通り。

seeq
seeq


seeq
入力していると、検索ワード候補が左の黒いエリアに表示されてきます。全部入力しなくても選べばイイ!というのは楽ですね。

また入力エリア左側のボタンはクリップボードからの貼付けです。


アプリの設定で使い心地アップ

seeq
アプリリストの中に、チェックがついているアイコンがあります。

これは、検索ワードを入力して「開く」を押した時に起動するデフォルトアプリのことです。


seeq
例えば、デフォルトをSleipnirに変更したければアイコンを長押ししてみてください。


seeq
画面下のEditボタンでアイコンの位置や表示を編集できます。

アイコンの左上に×が表示されるのはiPhoneのホーム画面のようですよね。


アプリランチャーとしても使えます

+をタップすると、アイコンを追加できます。
新しい AppBank.net を Seeq から起動できるようにしてみます。URLスキームは appbank2: です。

seeq
seeq

アイコンリストの左上にAppBank2が追加されました。
こちらをタップすると… 新しい AppBank.net が起動するのです!

seeq
seeq

自分のツイートを検索してみよう

Seeq で使えるURLスキームの仕組みを使うと、自分の過去のツイートが検索できます。Twilogというウェブサービスを使う方法です。

seeq
URL欄に https://twilog.org/tweets.cgi?id=アカウント名&word=_Q_ と入力します。

自分のアカウント名を入れてくださいね。


このようにしてTwilog検索できるアイコンを作っておけば、いつでも自分のツイートを振り返ることができます。

seeq
seeq

この方法はRyoAnnaさんの記事を参考にしました。
『Quicka for iPhone』をTwilogの検索アプリとして使う方法 – #RyoAnnaBlog

以上です。

複数のアプリがiPhoneの中に散らばっているという方、Seeq にまとめてみてはいかがでしょうか。

おすすめ iPhone アプリ
Seeq ・開発: Yusuke Tsuji
・掲載時の価格: ¥170
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 614 KB
・バージョン: 1.0.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!