Evernoteの使い方: よく使うファイルの置き場所としてEvernoteを活用する

AppBank の主任です。

人気アプリ「Evernote」の使用方法・活用法をご紹介する Evernoteの使い方。今回は Evernote をファイルの置き場所として使う方法です。

Evernote Evernote


Evernote のメモには様々な形式のファイルを貼り付けて保存できます。PC で貼り付けたファイルを iPhone で開く、またその逆も可能です。

この機能を活用すれば、Evernote をよく使うファイルの置き場所として使うこともできます。

また、Evernote にファイルを保存することで、大切なファイルを iPhone/PC の故障から守る役割も果たせます。

PC版Evernoteでメモにファイルを貼り付ける

ファイルを貼り付けたいメモを開くか、新たに作成します。目的のファイルを Evernote のメモにドラッグし、指を離します。

Evernote


メモにファイルを添付したところ。同期すれば Evernote にファイルが保存されます。

Evernote


iPhone版Evernoteでメモにファイルを貼り付ける

Evernote アプリそのものにファイルを選び、メモに貼り付ける機能はありません。他のアプリと連携して、新しいメモにファイルを貼り付けられます。

連携できるアプリは「別のアプリで開く」機能に対応しているもの。英語圏のアプリでは「Open in」と表記される機能です。

今回は GoodReader と Evernote を連携させてみました。

Evernote
メモに貼り付けたいファイルを開き、下のボタンをタップ。

【Open In…】をタップします。


左:選択肢に Evernote があるので、これをタップ。
右:Evernote が起動して新しいメモが作成され、それにファイルが貼付されます。

Evernote
Evernote


現時点では既に作成しているメモに追記する形でファイルを貼り付けたり、新しいメモに複数のファイルを貼り付けることはできないようです。

また、Evernote 未対応の形式のファイルはこの方法では貼り付けられません。さらに無料会員の場合はファイルサイズが 25MB 以上だと Evernote には保存できません。

貼り付けたファイルを開く

Evernote
メモを開くと貼り付けたファイルが表示されます。

タップするとダウンロードを開始します。


左:ダウンロードが完了すると開ける状態になります。
右:開くと iOS のプレビュー機能を使って内容を表示します。編集はできません。

Evernote
Evernote


左:右上のボタンをタップすると…
右:メールに添付して送ったり、他のアプリでファイルを開けます。

Evernote
Evernote


iOS が対応していない形式のファイルは、その内容を表示することができません。また、Word や Excel ファイルなどは一部が正しく表示されない場合があります。

次回は「お店や会社などの『場所』に関する情報を管理する」

Evenote 5 からは「場所」というタブが追加されました。地図上のピンをタップすると、その場所に関するメモが表示されます。

そのためにはメモに位置情報を登録する必要があるものの、上手く利用すれば、自分専用の飲食店データベース・得意先の情報をまとめたデータベースが作れます!

まとめもどうぞ!

他の使い方・活用法をご覧になりたい場合は、以下のまとめ記事をご覧ください。
【保存用】Evernoteの使い方・活用法まとめ。基本から応用まで分かりやすく解説!

おすすめ iPhone アプリ
Evernote ・開発: Evernote
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 25.8 MB
・バージョン: 5.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!