Evernoteの使い方: 得意先やお店などの「場所」をEvernoteで記録・管理する方法

AppBank の主任です。

人気アプリ「Evernote」の使用方法・活用法をご紹介する Evernoteの使い方。今回は Evernote で「場所」を管理する方法です。

Evernote Evernote


Evernote のメモには、そのメモを作成した場所の位置情報を記録できます。もちろん、この情報は後から編集・追加できます。

そこで今回はこの機能と「場所」タブを使い、自分専用のお店・得意先データベースとして Evernote を活用してみましょう。

iPhoneで位置情報を記録する

iPhone で Evernote のメモに位置情報を記録させるのは簡単です。

Evernote アプリに位置情報サービスの利用を許可している場合は、メモを作成するだけで OK 。その時の位置情報がメモに追加されます。

iPhoneで位置情報をあとから追加・編集する

左:位置情報を追加・編集したいメモを開き、【i】をタップ。
右:地図をタップします。

Evernote
Evernote


左:【ピンをドロップ】をタップします。
右:ピンをタップしたまま動かすと、その位置を細かく調整できます。

Evernote
Evernote


ピンの位置を決めたら、左上の【ノート情報】をタップして変更を保存します。

PCで位置情報をあとから追加・編集する

位置情報を追加・編集したいメモを開き、【i】をクリック。

Evernote


住所を入力、あるいはコピー&ペーストしてエンターキーを押すと登録されます。

Evernote


iPhoneで地図からメモを探す

左:「地図」タブをタップします。
右:コンパスをタップすると現在地周辺のピンを表示します。

Evernote Evernote


左:ピンをタップすると、その場所の位置情報が登録されたメモが表示されます。
右:タップするとメモを開きます。

Evernote
Evernote


左:右上のボタンをタップすると…
右:地図の表示範囲内の位置情報が登録されたメモをリストアップできます。

Evernote
Evernote


次回は「メモを共有・公開する方法」

次回はメモを誰かと共有したり、公開したい時に便利な「ノートブックの共有・公開機能」の使い方をご紹介します。

無料会員ではメモの閲覧のみとなりますが、プレミアム会員なら共有した相手がメモを編集することもできます。

まとめもどうぞ!

他の使い方・活用法をご覧になりたい場合は、以下のまとめ記事をご覧ください。
【保存用】Evernoteの使い方・活用法まとめ。基本から応用まで分かりやすく解説!

おすすめ iPhone アプリ
Evernote ・開発: Evernote
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 25.8 MB
・バージョン: 5.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
PSPで大ヒットした『勇なま』シリーズの最新作がスマホに登場!『勇者のくせにこなまいきだDASH!』でも勇者を倒す世界観はそのままだぞ。事前登録者して、カラフルな魔物を手に入れよう。

勇者のくせにこなまいきだDASH!

AppBank 全力プッシュ!

オススメ