iTunes カードのコードを2秒で入力する方法。パソコンのiTunes 11最強説ここに見参(昼刊)

めんどうな iTunesギフトカードのコード入力を2秒で完了する方法のご紹介です。

iTunes カード 入力


12月に入り、連日 iTunesカードのお得なキャンペーン情報が続々と続いています。大量にゲットした iTunes カードのコード入力って大変ですよね。

でも、そんな iTunes カードのコードを一瞬で入力できる方法があるんです!
※ 要カメラ付きパソコンです。

さっそくご紹介します。

iTuesn ギフトカードを用意する

当たり前ですが、入力するための iTunes ギフトカードを用意します。


ぺろーんと裏側にひっくり返してコード部分が隠された銀色のシールをめくります。


iTunes を起動する

カードの準備ができたら iTunes を起動しましょう。

App Store を表示し、まず自分のアカウントでログインしていることを確認します。確認できたら【iTunes Card/コードを使う】をクリックします。


開いたページの中央にご注目。【カメラを使う】というボタンが確認できるでしょうか。(カメラで使うボタンがない場合、最新の iTunes ではない可能性があります)これを使うのです!


【カメラで使う】をクリックすると、パソコンについているカメラが起動します。ここに iTunesカードをかざすだけで OK なのです。(下図は読み取らせないようにするため、表面をみせています)


コードが書かれた面をカメラ部分に写すと一瞬でコードが読み取られます。読み取られ方も、チョーカッコイイアニメーションです。


これで完了です。さくっとチャージされ、残額が表示されます。マジ神!


あまりの読み取りスピードの速さに楽しくて、読み取り終わったカードで何度も試して遊んでしまいました。

読み取り完了したカードだって、即座に読み取って「チャージできないよー」とメッセージが表示されます。


どうですか、このチョッぱやな読み取りシステムは。ほんとマジで早くて感動するのでぜひお試しください!

現在開催している iTunes ギフトカードのキャンペーン

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ