MullerPhoto: ピッカーを動かしてフィルターの調整ができるお手軽トイカメラアプリ。

くるくるピッカーを動かして写真にフィルターをかけるのが新しい、
MullerPhoto」をご紹介します。


MullerPhoto」は、用意されたフィルターをかけるのではなく、ピッカーを動かしてフィルターをかけるという操作がとても使いやすいトイカメラアプリ。

アメリカで有名なフォトグラファー、マイケル・ミュラーが開発したというだけあって、UIや操作性にとてもこだわりを感じます。

操作はシンプル。かつ機能をそぎ落としているので、初めてのトイカメラアプリとしてもおすすめです。

それではレビューをどうぞ。

MullerPhoto を動画でチェック


アプリを起動すると、撮影画面が表示されます。

既存の写真を加工したいときは、右下の【+】マークをタップし、もう一度【+】マークをタップして、写真アルバムから写真を選択してください。


写真を選択すると、「Adjust」の画面となるので画面下部を上にひっぱりあげてください。


ピッカーを動かし、フィルターの調整をする

するとピッカーが表示されます。これを動かすと…。

そう、フィルターが調整できるんです!


ピッカーをくるくる動かすと、フィルターの色味がどんどん変わっていくのがすごい。


【三】をタップして、フィルター全体のテイストを変えることもできます。

無料で使えるテイストは2種類、その他5種類のテイストを有料で追加することができます。


光ボケをプラスする

またフィルターをかけるだけでなく、右上のマークから色々な光ボケが選択できます。

【◀・▶】をタップし、好みの光ボケを選択しましょう。


ピッカーを動かすだけで、写真の色がくるくると変わっていくのを見ているだけでも楽しくなる、そんなトイカメラアプリです。

気になる方はぜひお試しください。

おすすめ iPhone アプリ
MullerPhoto ・開発: Vinegar, INC.
・掲載時の価格: ¥170
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 10.2 MB
・バージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ