BookEver: Evernoteで蔵書管理。よく使う図書館の貸出状況までチェックできて便利。無料。

溢れかえる本もEvernoteですっきり解決!

bookever
bookever


BookEverはバーコードを読み取るだけで本のデータを抽出、ワンタップでEvernoteに送信し管理できるアプリです。

「Note」のページなわけですから、感想や読了日の書き込みなども制限なく可能。自由度の高いオリジナルの読書記録が簡単に作れちゃいます。

さらに「よく利用する図書館」を設定しておくと、登録した本がその図書館の蔵書にあるかどうか、あれば貸し出し状況をチェックしさらに予約までできてしまうという便利すぎる機能も!本好きさんは一度試してみる価値アリです。

さっそくご紹介します。

動画でサクサクな操作感をチェック

まずはEvernoteにログインしよう

bookever
Evernoteと連携するアプリなのでまずは【設定】からログインしておきましょう。

「アカウントないよ!」という方はこちらの記事を参考にアカウントを作成してみてください。


bookever
続いて、データを送信するノートを選びましょう。わかりやすいよう「BookEver」というノートを作成してみました。

ノートの作成はこのアプリ内からはできません。Evernote内にあらかじめ作ってからこちらのアプリの設定をするのがオススメ。新規ノートの作成方法はアカウント作成と同じく、AppBankのEvernoteマスター、asyuninのこちらの記事をどうぞ。


よく使う図書館も是非登録しておこう

bookever
このアプリの特筆すべき機能、図書館登録もしておきましょう。

【設定】の「図書館を選択」をオンにします。


bookever
都道府県→市町村別に図書館名が表示されます。

よく使う図書館を選択して画面下の【利用する図書館として指定】をタップ。これで設定完了です。


本の情報を取り込もう

bookever
サクッと設定を終えたところでさっそく本の情報を取り込んでみましょう。

こちらがホーム画面。赤いバーが上下にふよふよ動いているのが「バーコードリーダー」って感じがしていいんですよ。そしてバーコード部分をタップすると・・・


bookever
カメラが起動し、バーコードを読みとってくれます。
ちょっと薄暗いところで撮影しましたが、2秒くらいでぴろーんと読み取ってくれました。iPhoneカメラできる子。


bookever
こちらが読み取ったデータです。

タイトル・著者名・出版社・価格と欲しい基本データはばっちり。残念ながら漫画なので図書館には置いていないようです・・・名作なのに。

後は右上の【送信】をタップすればOK。起動→スキャン→送信まで10秒かかりません。この素早さなら面倒にならずにちゃんと蔵書管理できる!


Evernoteにはこのように保存されます

bookever
さて、Evernoteアプリに移動して先ほど送ったデータを確認してみましょう。

1冊につき1ページですっきり表示されます。見やすくっていいね。


bookever
感想でもなんでも好きなように書き込んじゃってください!


bookever
何冊か送信してみました。一覧もサムネイルでわかりやすく&見やすくていいです。

なにより自分だけの目録ができあがっていくのはワクワクする。登録作業が楽しくってしょうがないです。


図書館の貸し出し状況をチェック

bookever
続いて図書館の貸し出し状況もチェックしてみましょう。頻繁に図書館を利用する人にとってはめっちゃ便利ですよね。
「すぐ読みたい・・・でも今金欠でハードカバーを買うのはイタイ。すぐ借りられる図書館ないのかな」なんて時にも使えます。

青文字になっている【予約】をタップしてみましょう。


bookever
最初に【設定】で登録した市町村の図書館ページがsafariで開きます。

わざわざページを開いてタイトルを入力して検索、という手間がワンタップに集約されてるわけです。地味だけど、すごくいい。かゆいところに手が届いてます。


以上です。

Evernote関連アプリにはよく当てはまることですが、スピーディーな操作感がいいですね。
そして図書館の貸し出しページへ即アクセスできる便利さは是非試してみて頂きたいです。

本好きな方はぜひどうぞ!

おすすめ iPhone アプリ
BookEver ・開発: Kztmy
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 1.4 MB
・バージョン: 1.2
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ