[PR] ReceReco: レシートを自動で読み取って簡単に家計簿がつけられます。無料。

レシートをカメラで読み取って自動的に家計簿が付けられるReceReco(レシレコ)のご紹介です。


iPhoneのカメラでレシートを撮影するだけで、品目、値段、購入日時などが自動的に入力される執事のようなアプリです。

文字の認識精度が高く、正確に値段を読み込んでくれます。誤認識が発生しても、レシートに書かれた合計の値段と、読み込んだ各品目の値段の合計を比較して値段を補正してくれます。

さらに支出状況をグラフでわかりやすく表示してくれ、使いすぎにも注意できます。ズボラな管理の私でも無駄遣いをすぐに見つけられそうです。

こんなステキなアプリの使い方を詳しくみていきましょう。

おすすめ iPhone アプリ

ReceReco(レシレコ)の爆速読み込みを動画でチェック

まずはユーザー情報作成

ReceReco(レシレコ)では、レシート情報をバックアップしておくため、ユーザー登録をする必要があります。

ユーザー登録はメールアドレスで登録する方法と、Facebookのアカウントを使ってログインする2つの方法があります。


Facebookでログインしておくと、オススメ買い物情報を投稿できます。


レシートを撮影してお買い物内容を記録しよう

さっそく買い物したものをアプリを使ってサクッと記録してみます。

画面下にあるオレンジの【カメラ】ボタンをタップしてレシート撮影に進みます。


画面にあるオレンジのガイドラインとレシートの行を並行にあわせて、レシートを撮影します。


こちらの動画を参考にしてみてください!

撮影が終わると自動的にレシートにある文字を読み取って「店名」、「購入日時」、「購入品目名」、「値段」などが入力されます。

読み取った内容で間違いがある場合、修正したい項目をタップして手動で修正します。


「購入品目」の詳細画面では内容の修正だけじゃなく、様々な情報を追加できます。

メモを書き足したり、商品をカメラで撮影して写真で何を買ったかわかるように記録することもできます。

また、Facebookアカウントと連携していると買い物内容をFacebookへ投稿して、友達にオススメのお店や商品を教えることもできます。


【費目】では購入した商品のカテゴリや出費理由をジャンル分けできます。

各費目をタップすると、さらに細かい費目に分類されています。

費目を設定していると、アイコンでどんなものにお金を使ったのか一発のでわかるので、ぜひ登録してみてください。


「費目」以外にも自由な言葉を登録しておける【タグ】という機能もあります。

【タグ】では1回の買い物に複数のタグを設定することができます。


すべて設定できたら画面右上の【保存】ボタンをタップします。これで買物情報の登録完了です!

面倒くさいときはレシートを撮影して、自動認識してくれた内容で即保存を押せばすぐ完了しちゃいます。


長いレシートでも登録しやすい2つの機能があります

頻繁に買い物に行かない場合、レシートってすっごく縦長になりますよね。そんなレシートでもReceReco(レシレコ)では撮影&登録が簡単にできる2つの機能が備わっています。

1つ目は「連続撮影モード」です。レシートの撮影画面でモードを連続撮影モードに切り替えます。

この状態で、レシートの上から順番に撮影を繰り返します。レシートがちょうどカメラに収まる程度に近づいて撮影すると誤認識が減らせるようです。


連続撮影モードでは1回撮影する度に、大体の撮影内容の確認画面がポップアップで現れます。

問題なければ【OK】をタップして、レシートの最後まで撮影を繰り返します。


最後に【撮影完了】ボタンを押すと、今まで読み込んでいたデータがまとめて1つのレシート情報として登録されます。


そしてここで登場!2つ目の「合計金額との差額を自動補正」してくれるというステキな機能!

レシートの中には「合計」という項目がありますよね。その数字と読み取った品目の合計を比較して、差額を調整した項目が作成されるのです。

重複して読み取った品目や抜けている品目があった場合、この項目を見ればどのあたりが間違ったデータなのかわかり、手動で調整して修正しやすいのです。


そのほかにも便利な機能が一杯

ReceReco(レシレコ)の中には簡単にお買い物記録が付けられる機能がたくさんあります。

費目を全部一発で設定できる「費目一括設定」も便利な機能の1つです。

スーパーなどで食料品をまとめ買いした時など、同じジャンルの商品で品目が沢山になったときに大活躍しますよ。


1つだけしか買わなかった時など、レシートをわざわざ撮影するまでもないとき「手書きモード」を使いましょう。

【カメラ】ボタンを上にフリックすると、レシート撮影ではなく手書きで入力できる【鉛筆】モードが現れます。


真っ白な買い物情報登録画面から手動で金額や商品名を登録できます。

必要な場所だけ入力して、サクッと登録しちゃいましょう。


支出情報をチェックしよう

登録した支出情報は様々な条件で絞り込んで表示することができます。

画面左上の【カレンダー】ボタンを押せば、期間を絞り込んで表示できます。

また、右上の【フィルター】ボタンを押せば食品だけ、特定のタグだけ、というようにジャンルで絞り込んで表示することもできます。


また、下のメニューから【グラフ】をタップすると、ジャンルごとの支出合計がわかる棒グラフの表示に切り替えられます。

「交際費」や「衣服」などの棒グラフが伸びてきたら、もしかして無駄遣いしてるかも???(ドキドキ)


【フォト】ページでは、支出登録するときに写真をつけた品目だけまとめてチェックできます。

外食したときは必ず写真を撮るようにすれば、いつ贅沢なご飯を食べたのかひと目でわかるページが出来上がります(笑)


Evernoteで家計簿管理もできます

【設定】からEvernoteとの連携を開始すれば、ReceReco(レシレコ)でつけた家計簿の内容をEvernoteに送信することもできます。

毎日の支出がノート形式で記録されるので、より本格的な家計簿のように使えます。


すっごく簡単に登録できて、支出状況もわかりやすいオススメのアプリです。お小遣い管理や家計簿を付けるのに挑戦したい方は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ iPhone アプリ
ReceReco レシート撮影で家計簿。簡単無料の支出管理。 ・開発: BrainPad Inc.
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ファイナンス
・容量: 10.8 MB
・バージョン: 1.0.0

このアプリはAppBankの神アプリに選ばれました!

▼iPhone神アプリをチェック▼
iPhone 神アプリ
▼もう入ってる?▼
無料アプリ

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ