Quick Drafts: 様々なサービスと連携するメモ帳。Evernote/Dropbox/Twitter対応。無料。

AppBank の主任です。メールの下書きをしたためたり、 Evernote/Dropbox にメモがすばやく保存できる Quick Drafts をご紹介します。

Quick Drafts Quick Drafts


複数のメモを保存・管理できるこのアプリ、入力した内容をメール/メッセージアプリに送ったり、予定の件名にも使えます。

さらに Evernote のノートとして保存したり、Dropbox 上の特定のファイルに上書きしたり、Twitter にも投稿できます。

ユニークなのは「アプリを開く毎に新規メモを作成させる設定」。常に新しいメモを書きたい時に重宝する設定です。

動画でQuick Draftsをチェック!

メモを書いて活用する

左:メモ画面。
右:キーボード右上のボタンをタップするとキーボードが隠れます。

Quick Drafts
Quick Drafts


画面を左右にスライドさせると前後のメモに移動できます。

Quick Drafts
3つのボタンにはそれぞれ役割があります。


Quick Drafts
メニューボタンをタップするとメモを活用する方法がずらっと表示されます。

この中からいくつかの機能をご紹介します。


バグのためか、小生の環境では【Open in …】が機能しませんでした。【Dropbox】については後述します。

Make Todo

Quick Drafts
1行ずつチェックボックスが付きます。メニューの【Make Note】をタップすると元に戻ります。

買い物メモに便利です!


Event

Quick Drafts
メモした内容が新しい予定の件名になり、カレンダーに直接登録できます。


Evernote

Quick Drafts
メモがそのままノートとして保存されます。

保存先のノートブックは「既存のノートブック」に指定されたもので、タグはなし。タイトルは「Quick Drafts – 2013/02/07 12:00」という書式です。


Show Links

Quick Drafts
メモに含まれる URL などをタップして開けるようにする機能です。


Dropbox・Append

Quick Drafts
バグのためか【Dropbox】は機能しませんが、Dropbox のテキストファイルに追記する【Append】は利用できます。


【Append】で追記できるのは「Quick Drafts Journal.txt」。Dropbox の「アプリ>Quick Drafts」にあります。

Email Self

Quick Drafts
あらかじめ指定したアドレス宛のメールを作成します。

件名に本文がすべて入るため、送信先によっては正しく受信できない場合があります。


メールの送信にはあらかじめ iPhone にメールアカウントを登録する必要があります。

メモをリストアップ・検索する

左:リストボタンをタップすると…
右:メモ一覧に移動します。

Quick Drafts
Quick Drafts


Quick Drafts
メモ本文も検索の対象です。


設定

Quick Drafts
「New Note」ではアプリに戻ってきた時の動作を指定できます。

【Never】なら新規メモは作成しません。【Always】なら常に作成します。【After 60 sec】は60秒以上経過してからアプリに戻った時だけ作成します。


左:【Configure Actions】ではメニューに表示する項目を設定できます。
右:不要な機能が削れてスッキリ!

Quick Drafts
Quick Drafts


主任的総括:動作は軽快!1つで何役もこなす便利なメモ帳

思い付いたことをサクッとメモして、各サービスに送ったり、メールで自分宛に送る。そんな使い方にちょうど良いアプリです。

「アプリを開く毎に新規メモを作成させる設定」もなかなか便利です。メモを残す際に邪魔となる手間を省けますし、用途によっては合理的です。

一部、正しく動作しない機能もあります。その点には注意が必要です。

おすすめ iPhone アプリ
Quick Drafts - Notes, Errands and Shopping List ・開発: Sebastian Obentheuer
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 6.7 MB
・バージョン: 1.4
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!