Dropboxのセキュリティが向上する「2ステップ認証」の設定方法。

AppBank の主任です。昨年、Dropbox でも「2ステップ認証」が利用可能になり、セキュリティを向上させる手段が増えました。

Dropbox
Dropbox


「2ステップ認証」とは、ユーザー名とパスワードという通常の認証に加え、一定間隔で生成されるコードを入力する認証も行うもの。

ユーザー名・パスワードは固定ですがコードはランダムなので、乗っ取り・不正アクセスをより困難にします。Google でも採用されています。

という訳で今回は Dropbox で 2ステップ認証を設定する方法をご紹介します。

※Google/Gmail で2ステップ認証を行う方法は以下の記事でご紹介しています。→Gmailの乗っ取りを防ぐ「2段階認証」を設定する方法

iPhoneアプリをインストールする

あらかじめ2ステップ認証に必要なアプリをダウンロードしましょう。必要なのは Google Authenticator。無料です。

おすすめ iPhone アプリ

Dropboxを設定する

PC のウェブブラウザから Dropbox にログインします。これからの設定は重要なので、PC の画面を他者に見られないようにしましょう。

次に右上のメニューを開き、【設定】をクリック。

Dropbox


【セキュリティ】タブをクリックします。

Dropbox


「2ステップ認証」の【変更】をクリック。

Dropbox


【スタートガイド】をクリック。

Dropbox


Dropbox にログインする際に使うパスワードを入力します。

Dropbox


【モバイルアプリを使う】を選び、【次へ】をクリック。

Dropbox


コード生成の設定を行う

左:iPhone で Google Authenticator を開きます。
右:【+】をタップ。

Dropbox Dropbox


Dropbox
「アカウント」に『Dropbox』と入力し、【バーコードをスキャン】するか、「キー」にコード生成に必要な文字列を入力します。


PC に戻り、(1)QR コードをスキャンするか(2)【シークレットキーを手動で入力】をクリックし、表示された文字列を iPhone の「キー」に入力します。

Dropbox


Dropbox
スキャン・入力が終わると、このように文字列が表示されます。一定間隔で文字列は新しくなります。


PC のウェブブラウザで次の画面へ移動したら、iPhone に表示されている文字列を入力します。iPhone に表示されている文字列が新しくなる前に【次へ】をクリックします。

Dropbox


バックアップコードを控える

表示されたバックアップコードを紙に書き写します。その紙は他者が簡単に見たり、持ち出したりできない場所に保管してください。

Dropbox


バックアップコードは、2ステップ認証に必要なコードを iPhone で確認できなくなった時に使うものです。普段は使いません。

2ステップ認証を試す

設定を終わらせて、いったん Dropbox からログアウトしましょう。

Dropbox


通常通りにログインします。

Dropbox


するとコードの入力を求められます。iPhone の Google Authenticator を確認して、文字列が新しくなる前に入力・送信を済ませましょう。

Dropbox


Dropboxと連携するiPhoneアプリを使う場合

左:Dropbox と連携するアプリのログイン画面。
右:通常通りログインするとコードを求められます。

Dropbox
Dropbox


Dropbox
Google Authenticator を開き、文字列を長押しするとコピーできます。

元のアプリに戻り、ペーストして送信しましょう。


コピーからペースト・送信までに時間がかかるとコードが古くなり、使えなくなります。その場合は改めて作業を行ってください。

ログインできたら、念のために適当な文字(例:A)をコピーし、古いコードをクリップボードから削除しましょう。

関連記事

Dropboxまとめ

Dropboxの使い方を基本から応用まで徹底解説。Dropboxに追加された新機能もご紹介しています。
【保存用】Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ