1Passwordの使い方: ログインに必要なユーザー名・パスワードを登録する方法

AppBank の主任です。ID・パスワード、クレジットカードや銀行口座の情報などを集中管理できる 1Password の使い方をご紹介します。

1Password
1Password


今回は 1Password にユーザー名・パスワードなどを登録したり、パスワードを生成する方法をご紹介いたします。

1Password にはユーザー名やパスワード・メールアカウントのほか、Wi-Fi のパスワード・ライセンス・クレジットカード番号なども登録できます。

さらに突破されにくい、長くて複雑なパスワードを生成することもできます。もちろん、いつでもチェックできるので覚える必要はありません。

情報を登録する

左:【カテゴリ】をタップして【+】をタップします。
右:登録したい情報のカテゴリを選びます。

1Password
1Password


左:「ログイン」をタップして名前を変えます。
右:「ユーザー名」「パスワード」にそれぞれ情報を入力します。

1Password
1Password


1Password
下の欄をタップして使用するウェブサイトなどを登録できます。


強固なパスワードを生成する

1Password
登録済みの情報をタップして開き、【編集】をタップ。


このままでもパスワードは生成できますが、登録済みのパスワードが消えてしまいます。新しいセクションを作って生成しましょう。

左:【新規セクションを追加】をタップ。
右:【新規フィールドを追加】をタップします。

1Password
1Password


左:【パスワード】を選びます。
右:ダイヤルをタップすると…

1Password
1Password


左:パスワードを生成します。長さはスライダーで変更します。
右:【パスワードオプションを表示】をタップすると詳細を設定できます。

1Password
1Password



1Password
【見やすさ】はより見やすい・覚えやすい形で、【ランダム】は全くランダムにパスワードを生成します。

「桁」「記号」はパスワード中の数字・記号の数です。


1Password
「あいまい表現を回避」をオンにすると「0」と「O」などの似た英数字を使わなくなります。

「リピートを許可」をオンにすると同じ英数字を繰り返し使うパスワードが生成されます。

「クリップボードにコピー」をオンにすると、生成したパスワードを自動的にコピーします。


生成したパスワードをコピーしたら、ウェブサービスなどでパスワードの変更を行います。変更が終わったら「パスワード」を上書きしましょう。

左:上の「パスワード」欄に新しいパスワードをペースト。
右:下のセクションを削除します。

1Password
1Password


パスワードを確認する

左:パスワードを確認したい項目を開いて「●●●●●●」をタップ。
右:【コピー】でパスワードをコピー、【表示】でパスワードを表示します。

1Password
1Password


次回も 1Password の使い方をご紹介します。お楽しみに!

おすすめ iPhone アプリ
1Password ・開発: AgileBits Inc.
・掲載時の価格: ¥1,600
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 20.9 MB
・バージョン: 4.1.2
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ