1Passwordの使い方: URLスキームを使って1Passwordをより便利に使う方法

AppBank の主任です。ID・パスワード、クレジットカードや銀行口座の情報などを集中管理できる 1Password の使い方をご紹介します。

1Password
1Password


今回は URL スキームを使い、より便利に 1Password を使う方法をご紹介いたします。

Safari で表示しているウェブページを 1Password で開き直したり、Lauch Center Pro などのランチャーアプリで入力したキーワードで検索することができます。

アプリの全般的な機能についてはこちらのレビュー記事をご覧ください。→[iPhone, iPad] 1Password: 定番パスワード管理アプリが劇的に進化!使いやすくなりました!

Safariで表示しているページを1Passwordで開き直す

1Password には内蔵のブラウザ機能があり、これでログイン画面を表示すれば登録済みのユーザー名・パスワードを自動入力できます。

Safari でそういったページに行き着いた時には 1Password で開き直すと便利です。

1Password
1Password で開き直したいページに行き着いたら URL バーをタップします。


左:URL の前に「op」を付け加えて【Go】をタップ。
右:1Password が表示されます。パスワードを入力すると…

1Password
1Password


1Password
内蔵のブラウザ機能で Safari で表示していたウェブページを開き直すことができます。

鍵ボタンをタップすればデータを読み出して自動入力できます。


ランチャーアプリから1Passwordを開く

以下の URL スキームを使い、1Password をランチャーアプリから起動できます。

onepassword4://

ランチャーアプリから1Passwordを検索

ランチャーアプリで入力したキーワードを元に、1Password に登録されているデータを検索できます。結果は 1Password アプリで表示されます。

今回は Launch Center Pro での方法をご紹介いたします。

左:Launch Center Pro を開き、鉛筆ボタンをタップ。
右:【+】をタップします。

1Password
1Password


左:【Action】をタップします。
右:【Installed Apps】をタップ。

1Password
1Password


左:【1Password 4】をタップします。
右:【Search for Entry】をタップ。

1Password
1Password


左:「Entry」欄をタップして【Input Prompt】をタップ。
右:【Keyborad】をタップ。

1Password
1Password


1Password
【Done】をタップして保存します。


左:「Search for Entry」をタップすると…
右:入力欄が登場。検索キーワードを入力して【Go】をタップ。

1Password
1Password


左:1Password を起動します。パスワードを入力すると…
右:検索結果が表示されます。

1Password
1Password


Launch Center Pro についてはこちらの記事をご覧ください。→Launch Center Pro: アプリ起動に検索・メール作成、通知もできる多機能ランチャー!

Launch Center Pro 以外のランチャーアプリなどで検索を実行するには、以下の URL スキームを利用します。

onepassword4://search/(検索キーワード)

おすすめ iPhone アプリ
1Password ・開発: AgileBits Inc.
・掲載時の価格: ¥1,600
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 20.9 MB
・バージョン: 4.1.2
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ