[先行レビュー]タッチペンで筆圧の強さがわかる!「Jot Touch」の筆圧感知機能のご紹介。

5月24日に発売されるJot Touch 4に搭載されいてる「筆圧感知」という、ちょっと不思議な機能についてご紹介します。


Jot Touchには他のタッチペンにはない珍しい機能や特徴が多々あります。その中でも書いて一番びっくりするのが「筆圧感知」です。

iPadで書いている=デジタルでの書く作業です。ですが、書道の筆のように力を入れれば太く、濃くなります。感知できる筆圧のレベルは2048と、表現の幅がとてつもなく広いです。
絵を描くときにはより絵筆のような感覚で、文字を書くときには書道や万年筆のような感覚で書けます。

さっそくZen Brushを使ってJot Touch 4の筆圧感知機能で遊んでみました。筆圧によって様々な線になる様子をご覧ください。

筆圧をぐっと高めるとペン先が押し込まれます。力を入れた感覚もしっかり感じられます。


ささっと書いて走った線を出すことも可能ですが、ゆっくり力を抜いて細い線に仕上げることも可能です。


筆圧感知機能があることで、ぐっと表現豊かな絵や文字をiPadで書くことができるようになるのです。
販売は5月24日からです。気になった方はぜひチェックしてくださいね。

この記事で使用したアプリ

[iPad, iPhone] Zen Brush: 井上雄彦先生も愛用している、書道・水墨画アプリ。書き味に優れてます!301

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ