Jot Touch 4: 2048レベルの筆圧を感知する、透明円盤がついたタッチペン。

ペン先が透明な円状のディスクという、見た目にとてつもない特徴があるJotシリーズから最新タッチペン、Jot Touch 4が登場しました!


新しくなったJot Touchは筆圧感知レベルもぐぐっと上がって2048レベル!さらにiPad miniでも問題なく反応するよう感度の向上もほどこされました。

Bluetooth4.0 対応ということで、充電も長持ちするようになりました。そしてJot Touch 4に対応したアプリを使えば、iPadに手を置いても反応しないリストガード機能も使えます。

タッチしてるソコが見えるので、画面の小さなiPhoneでパズルなどを楽しむのにもオススメです。私はJotでぷよクエを楽しんでいます♪

さっそくJot Touch 4について詳しくチェックしていきます。

Jot Touchの基本性能を動画でご紹介

最新のJot Touch 4のパッケージはとてもスリムです。ペンは上下でクリップのような部分に挟まって固定されています。


Jot Touch4のパーツたち

パッケージの中には複数のパーツが収納されています。英語ですが使い方が書かれた説明書(①)、ペン本体(②)、充電用USBドック(③)、キャップ(④)、変え用ペン先(⑤)。以上5点です。


タッチペンのペン先は軽く力を入れると引きぬくことができます。さらに透明ディスクを斜めに傾けていくとペン先から分離します。ペンはこの3つのパーツで構成されています。


進化した円盤

先端部分についた透明ディスクは従来のものより一回り小さくなっています。さらにペン本体との接点部分が銅製になりました。このおかげでより感度や耐久性がアップしました。


透明ディスクが小さくなったのでキャップもよりスリムになりました。キャップをしていれば円盤部分が傷つく心配もありません。


充電スタイルも特徴的

タッチペンの充電は付属のUSBドッグを使って行います。UBBドックにJot Touch背面を近づけるとマグネットの力でカチっと止まります。
1回のフル充電で最長1ヶ月間連続使用できます。超長持ちです。


アプリとの連携設定も簡易化

対応アプリとの連携設定がとても簡単になりました。iPad側からは対応アプリを起動してJot Touchをオンにするだけです。iPadの設定アプリと専用アプリを行き来する必要がなくなりました。


Jot Touch 4対応アプリではリストガード機能や筆圧感知、ショートカットボタンのカスタマイズなど自由な設定が可能になります。
対応アプリ一覧はこちらをご参照ください。→Jot Touch対応アプリ | Adonit – Create. | プリンストンテクノロジー株式会社


書いているその点先がみえるのがJotの最大の特徴です。細かな描画もズームしなくておこなえます。


さらにJot Touch 4なら筆圧感知機能がつき、より本格的な絵を描いたり味のある絵が表現できます。


タッチしているその点が見えるということで、パズドラやぷよクエなどパズルアプリにもオススメです。ぜひチェックしてみてください。

オススメiPhone, iPadアクセサリ

イヤホンジャックにさせる、えんぴつ型の可愛いタッチペン。
タッチペン EJ 鉛筆: 鉛筆の形をした可愛いタッチペン。イヤホンジャックにさしてアクセサリにも!

持ち運びにちょうどいい、短めLightningケーブル。
Lightning cable 20cm & 50cm: 短いから絡まない! Apple認証済みのコンパクトケーブル

Dockコネクタに取付られるホルダーがセットになった、タッチペン。
GreenBulb XStylus Touch: 画期的なタッチペンホルダーがセットになって登場!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ