スマホのバッテリーを30秒で充電!アメリカの女子高生が開発した装置とは(昼刊)

スマホの「電池問題」が解決されるかも…なんという胸アツ!!

pauls0529hirukan


みなさんは朝起きて「ヤバいっ!スマホ充電するの忘れてた〜!」という経験はありませんか?そんなとき、顔を洗うくらいの時間で充電完了できたら便利ですよね。

なんと、スマホのバッテリーを30秒でフル充電できる装置が開発されたというニュースが報じられました!

開発者はアメリカの女子高生!

装置を開発したのは、アメリカ、カリフォルニア州の女子高生「イーシャ・クハレ」さん。年齢は18歳!わ、若い…。

pauls0529hirukan


急速充電装置「スーパーキャパシタ」

pauls0529hirukan


イーシャさんが開発したのは「スーパーキャパシタ」という装置。大きさはわずか6.4センチと手のひらサイズ。しかしたくさんの電気をためる力があり、携帯電話のバッテリーなら20〜30秒で充電できるそうです。

また、今までの充電器は約1000回の充電が限界だったのに対し、イーシャさんの「スーパーキャパシタ」は1万回の充電が可能なんだとか!

他にも「スーパーキャパシタ」はやわらかく、巻けるディスプレイなど様々な分野への応用が期待できそうです。

科学コンテストで受賞!

pauls0529hirukan


この革命的な装置を開発したイーシャさんは、「インテル国際科学技術フェア」というコンテストで「インテル青年科学者賞」を受賞。5万ドルの賞金を手に入れたそうですよ!

ちなみに賞金の使い道は、ハーバード大学の学費にあてる予定なんだとか。大学ではどんな研究をするのか気になりますね。

イーシャさんの受賞の様子とインタビュー(英語)


実用化が待ちどおしい!

Appleが共同で開発して、いち早くiPhoneに実装されたりしないかなぁ、と思ったら、すでにGoogleが目を付けているんだとか。

実用化されたら、ちゃんとiPhoneにも採用されますように…。

明日の担当はブリさん。

参考

「携帯を30秒で充電できる技術」を米国の女子高生が発明

女子高生が開発! 30秒でフル充電できるバッテリー in アメリカ | TABROID(タブロイド)

【充電革命】女子高生がたった20秒でモバイル端末の充電が完了する驚異的な装置を開発! | ロケットニュース24

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ