Jot Flip: ボールペンと同じように書ける!そして本物のボールペン機能も搭載したタッチペン。

ペン先がほぼ完璧に見えるタッチペンJot Flipのご紹介です。


先日ご紹介したJot Touchの兄弟タッチペン、Jot Flipです。Jot Flipにのみある機能は「本物のボールペン搭載」ということです。Jot Flipにはない機能は「筆圧感知」です。

Jot Touchについて詳しくはこちらから
Jot Touch 4: 2048レベルの筆圧を感知する、透明円盤がついたタッチペン。

ペン先が見えるJotシリーズに心ひかれた方はJot Flipは要注目です。筆圧感知機能がないぶん、お値段も安くなっています。

さっそくJot Flipについて詳しくご紹介します。

旧Jot Flipからの進化を動画でチェック

Jot Flipは先端が尖ったケースに収納されています。ケースについて帯で「Flip」となっていることをしっかりご確認ください。


Jot Flipにもキャップがついています。こちらのキャップはクリップがついているのでケースに引っ掛けたり、バッグにひっかけて持ち運ぶことができます。


タッチペンの後ろにはボールペン

グリップ部分と本体後部をひねると、タッチペン後部からボールペンが出現します。インクが切れてしまっても替芯と交換できるタイプです。


キャップをして、ボールペンをしまうともはやタッチペンにはみえません。高級なボールペンのようです。


進化したJot Flipの2つのポイント

ポイント1. 小さくなった透明ディスク

Jotシリーズの特徴であるペン先の透明なディスク。こちらが小さくなりました!
ディスクが小さくなったことで、より画面との抵抗が少なくなりました。


旧Jot Flipに円盤を重ねると一回り小さくなっていることがわかります。


ポイント2. ダンパー機能搭載

ペン先に注目ください。新Jot Flipにはペン先にダンパー機能という、衝撃吸収部分があらたに追加されています。
タッチペンが画面に触れた時にこのダンパーが衝撃を吸収してくれることで、画面に当たったときの「カチカチ」という音を軽減します。


透明ディスクなので、画面に当たっている「その場所」がみえます。ペンの形状も本物のボールペンやシャープペンシルにそっくりなので、紙に書くようにタッチペンが使用できます。


細かい文字を書く方や、ボールペンとタッチペンの両方を持ち歩きたい方は、ぜひチェックしてみてください。

オススメiPhone, iPadアクセサリ

イヤホンジャックにさせる、えんぴつ型の可愛いタッチペン。
タッチペン EJ 鉛筆: 鉛筆の形をした可愛いタッチペン。イヤホンジャックにさしてアクセサリにも!

持ち運びにちょうどいい、短めLightningケーブル。
Lightning cable 20cm & 50cm: 短いから絡まない! Apple認証済みのコンパクトケーブル

Dockコネクタに取付られるホルダーがセットになった、タッチペン。
GreenBulb XStylus Touch: 画期的なタッチペンホルダーがセットになって登場!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ