iOS 7にWi-Fiでファイルをやり取りできる「AirDrop」機能を追加か。

AppBank の主任です。

9to5Mac が、WWDC で発表される iOS 7 に「AirDrop」と呼ばれる、Wi-Fi 経由でファイルをやり取りできる機能が追加されるかもしれない、と報じています。

AirDrop は Mac 用 OS「OS X 10.7 Lion」から搭載されている機能で、Wi-Fi を使って Mac 同士でファイルを送受信できます。

iOS 7


iOS 7
記事によれば、AirDrop 機能は共有メニューに追加され、対応するアプリからであれば簡単にファイルの送受信が可能になるようです。


さらに 9to5Mac によると、昨年にも Apple は AirDrop 機能を iOS に組み込んだ試作版を作成したものの、後に搭載の延期を決めたそうです。

この機能が実際に搭載されれば、メールや Dropbox などのオンラインストレージを使って渡す方法よりも、手早くファイルをやり取りできます。

iCloudとのすみ分け

似たような機能として iCloud の Documents in the Cloud があります。

対応しているアプリからなら iCloud 上にファイルを保存したり、そのファイルを呼び出すことができます。Mac からも対応アプリがあれば保存・呼び出しが可能です。

しかし 9to5Mac が指摘するように、iCloud のこの機能は1人で使うもの。他者とファイルをやり取りするのにピッタリな機能はありません。

もし AirDrop が実現すれば、他者が使う iPhone/iPad ともファイルをスムーズにやり取りできるようになりそうです。

ひと足先にAirDrop風機能を体験するには?

Instashare というアプリを使うと、Wi-Fi 経由で iPhone/iPad/Mac 間でファイルをやり取りできるようになります。

Instashare
Instashare


レビュー記事はこちら(レビュー時点では iPad 未対応でしたが、現在のバージョンでは iPad に対応しています)。

Instashare: iPhone同士でWi-Fi/Bluetoothでファイルを送受信!Macにも対応。無料。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!