monopod: 自分撮りや、集合写真に便利なカメラ用一脚。コンパクトで持ち運びやすい!

自分撮りや、集合写真が撮りやすくなる、一脚 monopod の紹介です。

一脚monopod (6)


旅行先で写真を撮る時、かならず誰かがシャッター押すため全員写れない…。
そんな経験ありませんか?

しかし、このmonopodを使えば、誰一人欠けることなく、撮れるんです。

腕を伸ばして撮影するような感覚で撮影できます。ただし、長すぎてシャッターが押せないので撮影時には、タイマー機能などを使います。

さっそく見ていきましょう。

「monopod」を使うとこんな感じです!

さっそくカメラに付けてみよう!

monopod本体は21.5cmと結構コンパクトです。


先端には、カメラに設置できるようにネジ付いています。


カメラに付いたネジ穴に装着しましょう。

一脚monopod (9)


というわけで、カメラにつけてみました。そして唐突に森へやってきました。

一脚monopod (8)


Youtuberさんの自分撮りや、カップルのツーショットなら、これくらいの長さでも十分撮影できます。

一脚monopod (1)


そして、なんと最長110cmまで伸びます!背景がバッチリうつった写真も撮れますね。

一脚monopod (7)


さっそく撮影してみましょう。MAXまで伸ばすと、こーんなに長くなります。
黒いグリップ部分が握りやすいですよ。

一脚monopod (6)


monopodを詳しくチェック!

カメラの角度を変えたいときは、サイドについたつまみを回して調整しましょう。

一脚monopod (5)


グリップの下側には、さらにネジ穴があります。
さて、何のためのネジ穴かわかりますか?


実はこのネジ穴、三脚に装着することができるんです。


装着すると・・・ジャン!!こんなに高い三脚見たことない!!
運動会の撮影など、高い場所からの撮影をしたいときにおすすめです。

一脚monopod (2)


別のアクセサリーと組み合わせればiPhoneでも使える!

iPhoneに三脚に設置できる「SUPERMOUNT F」というアクセサリーを組み合わせれば、iPhoneでも使うことができますよ!

欲しい!→SUPERMOUNT Fをチェック
詳しく知りたい!→SUPERMOUNT F: iPhone を三脚に立てられる便利なマウント。

SUPERMOUNT F


これは便利でした!三脚とちがってカバンにも入るコンパクトさなので、気軽に持ち運べるのも魅力の1つです!
ただし、コンデジやiPhoneサイズ推奨なので、あまり大きなカメラだと首の角度を保てないおそれがあるので、ご注意ください。

気になった方は、こちらをチェックしてみてください。

iPhone 5用ケース レビュー一覧

おすすめの iPhone 5用ケース・カバーのレビューまとめ。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!