WWDC会場に「7」「X」の看板が登場!昨年とは大幅に異なるデザイン!

AppBank の主任です。

MacStories によると、iOS 7 が発表される WWDC 2013 の会場、Moscone West に2枚の新たな看板(バナー)が登場しました。

片方には「7」と大きく描かれています。色は青から赤へのグラデーションで、非常に線が細いのが特徴的です。背景は白にグレーの水玉が入っているようです。

WWDC


(画像引用元:iOS 7 Confirmed: New Banners Up at Moscone West [Update: OS X Too] – MacStories)

MacRumors によると、「7」に使われているフォントは「Helvetica Neue Ultra Light」のようです。

この看板は WWDC 2013 の基調講演で発表される「iOS 7」を意味すると思われます。昨年の WWDC でも同じ位置に「iOS 6」と書かれた看板が設置されていました。

WWDC


(画像引用元:iOS 6 Confirmed: New Banners Up at Moscone West – MacStories)

以前の iOS の看板に比べ、非常にシンプルで線が細いことが分かると思います。その大小はともかく、iOS 7 でデザインが変更されるのは間違いないようです。

OS Xもデザインを変更か

もう1つは「X」です。こちらの色は白一色で、背景は波になっています。フォントは「7」と同じものと思われます。

WWDC


(画像引用元:iOS 7 Confirmed: New Banners Up at Moscone West [Update: OS X Too] – MacStories)

この看板は昨日お伝えした、カバーで覆い隠されていた看板と思われます。会場の1階ロビーにはいまのところ、他の看板は設置されていないようです。

WWDCの会場にカバーで隠された看板が登場!iOS 7?それとも…?

この看板が意味するものは、OS X も iOS のようにデザインが変更される、ということなのでしょうか?

9to5Mac は「X」の背景に注目。最近の OS X は宇宙をイメージした壁紙を使っていたが、それも今回発表される OS X で変わるかもしれない、と報じています。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!