iOS 7でアイコンはこうなる?新情報に基づく再現イラストが公開される。

AppBank の主任です。

9to5Mac が、自社の記者が Apple 社内で使われている非公開ベータ版の iOS 7 を関係者に見せてもらったと報じています。

その記者の証言を元に作成されたのが、以下のアイコンです。

iOS 7


(画像引用元:What iOS7 looks like (and other tidbits) | 9to5Mac

光沢・膨らみ・影がなく、フラットデザインの影響を受けていることが分かります。

さらに記事によれば、左上に表示される電波レベルが「バー」ではなく「丸い点」になるようです。証言を元に作成されたのが、以下のモックアップです。

iOS 7


(画像引用元:What iOS7 looks like (and other tidbits) | 9to5Mac

雰囲気としては WWDC の会場に設置された看板に似ています。グラデーションは「7」にはあるものの、OS X を表すと思われる「X」にはありません。

WWDC の看板については、以下の記事をご覧下さい。

WWDC会場に「7」「X」の看板が登場!昨年とは大幅に異なるデザイン!

WWDC


(画像引用元:iOS 7 Confirmed: New Banners Up at Moscone West [Update: OS X Too] – MacStories)

真偽のほどは分かりませんが、明日午前2時からの WWDC 2013 で明らかになるはずです。 AppBank では現地での発表に合わせ、リアルタイムで解説を行います。

本日26:00(6/11 02:00)より、「WWDC 2013」の解説ツイキャスを行います!一緒に楽しみましょう!

iOS 7の社内テスト版には「透かし」が入っている?

9to5Mac は記者の証言を元にアイコンを再現して公開した理由について、その iOS 7 に「透かし」が入っていたことを挙げています。

この「透かし」は恐らくリークを防ぐためのものと考えられます。個人やグループを識別できる「透かし」を入れておけば、誰がリークしたかは Apple には一目瞭然です。

そのため、9to5Mac では記者の証言を元に再現、イラストを公開したようです。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!