Dropbox、「Dropbox Platform」構想と「3つの新機能」を発表!

AppBank の主任です。

Dropbox は、自社が主催している開発者向けイベント DBX で「Dropbox Platform」という構想を発表しました。

これに先駆け、サービス開始時の2007年には2人で開発を行っていた Dropbox が、今日では1億7,500万人が利用しており、「あると嬉しいサービス」から「生活必需品レベルのサービス」になったことを発表しています。

「Dropbox Platform」構想は、Dropbox の強みであるアプリ・サービス・デバイス間での同期・連携機能を強化し、Dropbox をデータ保存・同期のプラットフォームにすることを目指す取り組みです。

(Dropbox Platform のロゴ)

Dropbox


(画像引用元:The Dropbox Blog » Blog Archive » Live from DBX

これに関連して、3つの新機能が公開されました。いずれの機能も各開発者が自分のアプリ・サービスに組み込めば、ユーザーが利用できるようになります。

Datastore API

ユーザーにとっては、この Datastore API が組み込まれたアプリ・サービスを使えばファイルだけでなく、設定・連絡先・ToDo リストといった「ファイルではないもの」も Dropbox と自動的に同期できます。

これまでも似た機能はありましたが、いずれもアプリ・サービスの開発者が工夫して Dropbox に保存・同期しており、不具合もありました。

(Datastore API のロゴ)

Dropbox


(画像引用元:The Dropbox Blog » Blog Archive » Live from DBX

さらに Datastore API はオフライン・圏外であっても、デバイスに保存されているデータを元に機能し続けます。インターネットに接続できるようになれば、次回利用時にデータは自動的に Dropbox と同期されます。

加えて、データの統合機能も強化。複数のデバイスから同時にデータを編集しても、データの構造を理解して上手に1つのデータにまとめてくれます。

開発者にとっては、こうしたファイルではないデータの扱いが楽になるだけでなく、オフライン時の対応・データの統合といった問題に頭を悩ませる必要がなくなります。

Chooser

ユーザーにとっては、アプリ・サービスから Dropbox に保存されているファイルを取り出したり、関連付けたりするのが簡単になります。

すでにこの機能には Mailbox・Boxer といったメールアプリなどが対応しています。

(Chooser の組み込み例。左から「Choose From Dropbox」をタップ→Dropbox 上のファイルを選ぶ→ToDo に Dropbox のファイルを添付完了)

Dropbox


(画像引用元:Dropbox – The Chooser, now for iOS and Android – Developer Blog

開発者にとっては、こうした Dropbox のファイルとの連携機能が簡単にアプリ・サービスに組み込める点で魅力的なものになっています。

Saver

ワンクリックで Dropbox にファイルを保存できる機能です。Dropbox 上のどこに保存するのかも指定できます。

ユーザーにとっては PC に保存して Dropbox にアップロード…という手間が省けます。

さらに、ファイルの配布元から Dropbox のサーバに直接ダウンロードされるので、途中で iPhone が圏外になってもダウンロードは継続されます。

(Save の組み込み例。左から「Save to Dropbox」ボタンをクリック→保存先を選ぶ→Dropbox に保存)

Dropbox


(画像引用元:Dropbox – Meet the Dropbox Saver – Developer Blog

開発者・サービス運営者にとっては Dropbox との連携機能を充実させることで、1億7,500万人もの Dropbox ユーザーに自社のアプリ・サービスをアピールできます。

また、Dropbox に1度ダウンロードされたファイルなら Dropbox のサーバにキャッシュとして残るので、自社サーバへのアクセス集中を軽減できます。

すでにウェブサービス用の API が公開されています。Android・iOS 向けの API は近いうちに公開される予定です。

Dropboxの魅力を活かした、攻めの構想

様々なアプリ・サービスが Chooser と Saver を組み込めば、ほとんどのデータを Dropbox 上に置いても問題なくファイルを取り出したり、保存できそうです。

さらに Datastore API を組み合わせれば、アプリ・サービスの設定などの「ファイルではないもの」も Dropbox に保管できるようになります。

このように PC・スマートフォン・タブレットで行う、ほとんどの作業が Dropbox を介して行えるようになりそうです。他の言い方で表現するならば、他のクラウドストレージサービスがつけ入る隙を見せていません。

こうした機能の組み込みが様々なアプリ・サービスで行われていけば、Dropbox は持ち前の強みを活かして利用者をさらに増やしそうです。

参考

Dropboxまとめ

Dropboxの使い方を基本から応用まで徹底解説。Dropboxに追加された新機能もご紹介しています。
【保存用】Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!