ブラウザから使える、ベータ版「iWork for iCloud」が一般公開される。

AppBank の主任です。

Engadget によると、「iWork for iCloud」のベータ版が一般の iCloud ユーザーにも公開されました。

iWork for iCloud


Windows・Mac のブラウザソフト、Safari v.6.0.3・Chrome v.27.0.1・Internet Explorer v.9.0.8 以上から利用できます。

iWork for iCloudとは?

iPhone/iPad/Mac 向けに提供されている、ワープロソフト「Pages」・表計算ソフト「Numbers」・プレゼンテーションソフト「Keynote」のブラウザ版です。

マイクロソフトの Office 製品、Word・Excel・PowerPoint で作成したファイルを開く・編集することもできるとしています。

CNET Japan は、今回一般ユーザーにも公開されたベータ版の提供がいつ終了するか・正式版がいつ公開されるかは不明としています。

iWork for iCloudを使うには?

対応している PC のブラウザから https://www.icloud.com/ を開き、iCloud で利用している Apple ID でログインします。

すると、ベータ版の iWork for iCloud を含むアイコンが表示されます。例えば Keynote をクリックすると…

iWork for iCloud


説明が表示されます。【Keynoteを始める】をクリック。

iWork for iCloud


「現在は英語版のみ」と表示されます。iWork for iCloud の表示は英語ですが、日本語の入力・編集は可能です。

iWork for iCloud


iPhone/iPad 版 Keynote で既に作成・保存したファイルが表示されます(iCloud の「書類とデータ」をオンにしている場合)。

iWork for iCloud


もちろんスライドの追加・編集も行えます。結果は iCloud を通じて iPhone/iPad 版 Keynote にも同期されます。

iWork for iCloud


この他にもワープロソフト「Pages」・表計算ソフト「Numbers」の iWork for iCloud 版が利用できます。

参考

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ