Bamboo Stylus: ペン先がゴム素材で1番かき心地がいいタッチペンといえばこれ。

ペン先がゴムのもので1番オススメするタッチペンBamboo Stylusシリーズのご紹介です。

bamboo - 01


iPhoneやiPadで手書き文字や絵を描くときに便利なのがタッチペンです。タッチペンのほとんどがペン先はゴムです。そんなゴムのペン先で1番のオススメがBambooのタッチペンです。

Bamboo Stylusシリーズには全部で3種類のタッチペンがあります。

  • Bamboo Stylus alpha
  • Bamboo Stylus solo
  • Bamboo Stylus duo

それぞれの魅力と違いをまとめてご紹介いたします。

▼大定番のalphaをAppBankStoreでチェック▼


タッチペンの違い解説動画

alphaとsoloとduo

下記の画像、上からalpha(アルファ)、duo(デュオ)、solo(ソロ)です。duoとsoloは、この状態では見分けられません。

bamboo - 02


duoとsoloにはキャップがついています。こちらを取ってみましょう。
タッチペンとボールペンの2種類のペンになるタッチペンがduoです。キャップをとっても何も出てこない方がsoloです。

bamboo - 03


ペン先の違い

ペン先にも違いがあります。
alphaは少し大きめのペン先です。それでも一般的なゴムのペン先の中では小さな方です。
duoとsoloはさらに細く小さなペン先です。タッチペンの中でも最小クラスかと思います。

bamboo - 04


画面へのタッチ感はどれも似た感触なのですが、見た目はだいぶ変わります。
soloとduoはペン先が小さく細いので、画面にタッチしているとき、ペン軸があたっているのかと思うほど近づきます。

bamboo - 05


alphaは少し大きいペン先なので、ペン軸を倒して使わないかぎり、ペン軸と画面の接触を気にする必要はありません。

bamboo - 06


ペンホルダーの違い

ペン先だけじゃなく、胸元やポーチなどに取り付けられるペンホルダーの形もちがいます。
ホールドする力はどちらもほぼ一緒に感じます。長時間、柔らかめの布にひっかけて置く場合、alphaのペンホルダーは少し細いので、跡が残ってしまうことがあります。

bamboo - 07


それぞれのカラーバリエーション

alphaはブラックとホワイトの2色あります。シンプルなalphaならではのスタイリッシュカラーです。

bamboo - 08


▼alphaをAppBankStoreでチェック▼

キャップがついてるsoloは全部で5色のカラフルなバリエーションです。

bamboo - 09


▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

ボールペンとタッチペンがセットになっているduoもsoloと同じく5色揃っています。

bamboo - 10


▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

とにかくシンプルなタッチペンがいい方はalpha、ペン先がバッグの中で汚れるのが心配な方はsolo、紙に書くペンと共有で使いたい方はduoをお選びください!

ペン先がゴムじゃないもののオススメ

SuPenCLA - 3 ペン先が布でできたタッチペンの最強は「Su-Pen」です。

Su-Pen P180S CLB: 感度のよくなったペン先を従来の太さのままで。iPad miniでも快適に♪


ペン先が透明な円盤という独特のタッチペン「Jot」です。

Jot Touch 4: 2048レベルの筆圧を感知する、透明円盤がついたタッチペン。


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ