【メガポリス】Megapolis、建設場所が不足したら拡張!メガバックの使い所はここ! [PR]

メガバックの使い所「土地拡張」!土地を広げて大きな建物を立てる敷地を確保していきましょう。

megapolis_t - 1


街が発展してくると人々は思います。

もっと広いところに住みたい!

レベルが上がれば大きな建物はアンロックされ、コインさえあれば建てられるようになります。でも土地が…。

ということで、土地を買いましょう!買うしかないんです。

土地を買う方法は2つありますが、断然メガバック買いをオススメします。なぜメガバック買いをオススメするのか、それぞれの購入方法と合わせてご紹介します。

おすすめ iPhone アプリ

建設可能ラインはここまで

建物を自由に配置できる土地は緑色の正方形のラインの中です。この限られた土地の中がいっぱいになったら、もう自由に配置する土地はなくなってしまうんです。

megapolis_t - 2


土地を購入して拡張しよう

もっと自由に街を作るために土地を購入しましょう!画面右下の【ショップ】から【拡張】を選びます。

megapolis_t - 3


土地の購入方法は2種類あります。一つが黄色いアイコンで描かれた「文書」、もう一つが緑色のアイコンで描かれた「メガバック」です。

megapolis_t - 4


文書はフレンドと送り合おう

文書はレベルアップボーナスなどで手に入ったものをフレンドと贈り合って集めることができます。

ただし、メチャクチャ集まりづらいです…。最初の拡張でも10枚の「文書」が必要です。

megapolis_t - 5


15×15の拡張には25枚も文書が必要です。フレンドと贈り合うことでしか集められないので、この枚数は相当厳しいです。

メガバックを使おう

リアルマネーで購入できるメガバックですが、レベルアップやタスク完了ボーナスでもガンガン集まります。

そのメガバックを使った土地の購入は11×11で3個、15×15でも3個と、文書より全然少ない数で購入可能なんです。

megapolis_t - 6


と、いうことでメガバックを使って土地を拡張することをオススメします。課金アイテムですが、ここは使い所!ビシっと使っちゃいましょう。

megapolis_t - 7


拡張されると上下に1マスずつ、左右に1マスずつ緑色の境界線が広くなります。2マス分の土地を新規で確保するには、既存の建物を移動する必要があります。

megapolis_t - 8


土地が広がると街開発がもっともっと楽しくなります。メガバックをうまく使って土地持ちの大富豪になりましょう!

おすすめ iPhone アプリ
Megapolis ・開発: Social Quantum Ltd
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 37.2 MB
・バージョン: 1.6.1682

メガポリスの攻略情報まとめはこちら!

【メガポリス】自由な都市づくりが楽しいMegapolisの遊び方・攻略情報まとめページ

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ