Safariで許可したサイトだけを見られるように設定する方法。子どもがネットに興味を持った時に。(昼刊)

iPhoneまるごと、許可したサイトだけが見られます!

hirukan11:10 - 04
hirukan11:10 - 11

こんにちは、毎日パパ業務のKEN360です。

そろそろ、インターネットで何か調べ物とか……AppBankのサイト閲覧とかを子どもに解禁して上げようかな?と思っています。そこで心配になってくるのが、「有害サイトにアクセスしてしまわないか」。と言うこと。

iOS 7からは許可したサイトのみSafariでアクセスできるようになったので紹介します。

特定のサイトのみをアクセス許可する方法

それでは、SafariのWeb制限をしてみましょう。「機能制限」を開き、パスコードを設定します。このパスコードは、簡単に破られないものにしましょう。

hirukan11:10 - 01
hirukan11:10 - 02

iOS 7で追加された「Webサイト」をタップします。初期状態では、「全てのWebサイト」となっているので、「指定したWebサイトのみ」にしましょう。

hirukan11:10 - 03
hirukan11:10 - 04
hirukan11:10 - 05
「指定したWebサイトのみ」にすると、Appleが定めた子ども向けのサイトやアダルトコンテンツが無いサイトが並んでいます。

ここのサイトを見せるのが目的では無いので、閲覧を許可したいサイトを追加しましょう。


hirukan11:10 - 07
「Webサイトを追加」をタップし、許可するURLを入力します。

親として見せたいサイトを入力します。

子どもがチェックしたい事がある場合は、目的を聞いてからサイトを登録しましょう。

ここでは、AppBank.netを登録しました。


Safariを開いてみよう

AppBank.netは許可したので、このように表示されます。

驚いたのが、ページ内にあるTwitterや、Facebookのアイコンです。許可していないので、表示すらされませんでした。

hirukan11:10 - 07
hirukan11:10 - 08
hirukan11:10 - 09
気になる検索ですが、グーグル先生を許可していないので出来ませんでした。

検索できないってのは結構ディフェンス力高いかも。


Appleが選んだあらかじめ許可されているサイトでも、サイト元のURLが変更になっている場合、開けないので注意ください。ヤフーキッズとかは変更されていました。

子ども向けの許可されているサイトの例

hirukan11:10 - 11
こちらはヤフーキッズです。完全に子ども向けのサイトです。

自由に閲覧させる分には問題なさそうです。


hirukan11:10 - 12
こちらは、海外サイトのナショジオキッズです。

新しい事が発見できそうなサイトです。

好奇心旺盛な子ども達にはたまらないサイトですね。

日本語版もあったので、チェックしてみてはいかがでしょうか?→ナショジオ キッズ – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)の子供向けサイト


こどもと相談しながら設定しましょう

いかがでしたか?iOS 7から搭載された、Webサイト背源の機能でした。親から一歩的に制限したSafariを見せて上げるという使い方ではなく、子どもさんと話し合って、必要と感じたら設定してあげれば良いと思います。

調べてみたところ、アプリの内蔵ブラウザからもアクセスが不可になっていました。アプリの広告でWebサイトを表示しているものも表示されていなく。徹底的に見えないようにしているなといった印象です。とはいえ、回避するアプリなどはあるはずなので、アプリの制限も忘れないようにしましょう。

詳しい方法はこちらから→iPhoneを子供に持たせるときにオススメな設定の紹介。(昼刊)

子どもの成長に合わせて、iPhone、iPadを上手に使ってください!

▲ 参考になったら押してみよう! ▲
シンプル操作の本格ガンシューティング『無人戦争 2099』


原作は、アニメ「PSYCHO-PASS」の脚本を担当した深見真!
少年少女が戦争を繰り広げる本格3Dガンシューティング!

事前登録はこちらから▶▶▶ゲームコネクト

AppBank 全力プッシュ!

オススメ