人気の健康管理アクセサリに新型!Bluetooth対応の「Jawbone UP24」

健康管理に役立つアクセサリの新型モデル「Jawbone UP24」が発表されました。

Jawbone UP24


(Jawbone のプレスリリースより)

旧モデル Jawbone UP との違いは Bluetooth 4.0 に対応していること

これまではイヤホンジャックに接続して同期していましたが、Jawbone UP24 はバッテリが空にならない限り、iPhone とワイヤレスにデータをやり取りできます。

そのおかげで専用アプリとスムーズに同期できるので、睡眠・目標達成度のチェックが簡単になり、目標達成を促す通知も可能になりました。

Jawbone UP24 で何が出来るのか・旧モデルとの違いについて、詳しくご紹介します。

Jawbone UP24は何が出来るアクセサリなのか?

腕に装着して使う、リストバンド型の活動量計です。装着者の動き・睡眠を記録します。

(写真は Jawbone UP)

Jawbone UP


データは Bluetooth 4.0 を使って iPhone に転送され、専用アプリで消費カロリーや歩数として確認できます。アプリでは食事やその時の感情も追加で記録できます。

(画像は旧バージョンの専用アプリ)


旧モデル「UP」と何が違うのか?

iPhoneとBluetoothで通信する

旧モデルはイヤホンジャックを使って iPhone とデータをやり取りしていましたが、Jawbone UP24 は Bluetooth を使います。

これによってデータのやり取りがスムーズになりました。睡眠の概要を毎朝 iPhone に送信したり、これまでの運動量から目標達成を促す通知を iPhone に出すことができます。

カラー・デザイン

カラーは黒っぽい「Onyx」とオレンジっぽい「Persimmon」の2色。表面の模様は旧モデルとは異なるものです。サイズは S/M/L が用意されています。

Jawbone UP24


(Jawbone のプレスリリースより)

バッテリ

バッテリは引き続き充電式。充電に使うプラグは 2.5mm と細くなりました。

稼働時間は短くなりました。Jawbone の発表では約7日間。旧モデルは約10日間でしたが、Bluetooth を随時使うことを考えると致し方ないかもしれません。

対応機種・価格

対応機種は iPhone 4s〜・第5世代 iPod touch・第3世代 iPad〜・iPad mini としています。Bluetooth 4.0 を使うため、対応機種は旧モデルよりも少ないです。

価格は149.99ドル(約1万4,900円)。旧モデルの価格は129.99ドル(約1万3,000円)と新モデルよりも安価に設定されています。

どんな人に向いているアクセサリなのか?

データの同期をつい忘れてしまう人

手動で同期しなければならない場合、つい忘れてしまうものです。Bluetooth で随時データをやり取りできる Jawbone UP24 ならその心配はありません。

日々の動きを細かくチェックしたい人

運動・食事の後など、ちょっとした空き時間に目標達成度・歩数をチェックしたい時に Jawbone UP を腕から外して同期するのは手間です。

Jawbone UP24 であればワイヤレスに同期できるので、腕から外す必要はありません。

日本での販売は?

アメリカの Jawbone.com で11月13日から販売が始まっていますが、日本語版ウェブサイトでは Jawbone UP24 の情報は公開されていません。

発表されているプレスリリースの中でも日本での販売には触れられておらず、日本で販売されるのか・いつから販売されるのかは不明です。

旧モデル「Jawbone UP」のレビュー記事

Jawbone UP に興味を持った方も、Jawbone UP24 を待つ方も要チェックです。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!