PCのブラウザから使える「iWork for iCloud」に3つの新機能が登場!

PC のブラウザで書類・表計算・スライドが作成・編集できる、Apple のサービス「iWork for iCloud」に新機能が追加されました。

iWork for iCloud


現在 Apple は、この iWork for iCloud を正式版ではない「ベータ版」として一般公開中。iCloud をお使いの方なら、誰でも利用できます。

icloud.com にログインして、ホーム画面からワープロ機能を持つ「Pages」・表計算が行える「Numbers」・プレゼン資料が作成できる「Keynote」をクリックするだけです。

今回はこれら Pages/Numbers/Keynote に追加された、3つの新機能をご紹介します。

その1:フォルダで整理できるようになった

iPhone でフォルダをつくる時のように、あるファイルを別のファイルの上にドラッグ&ドロップするとフォルダでまとめられます。

iWork for iCloud


iWork for iCloud
もちろん iPhone 版アプリにもフォルダは反映されます。


その2:PCに繋いでいるプリンタで印刷可能に

作成した書類を PDF ファイルに変換し、PC に接続しているプリンタなどで印刷できるようになりました。

iWork for iCloud


その3:共同編集者のチェックが簡単になった

同時に編集している共同編集者がリストアップできるようになったほか、その人物のテキストカーソルの位置も確認できます。

iWork for iCloud


iWork for iCloudと一緒に使いたいiPhone版アプリ

iPhone 版アプリは、2013年9月1日以降にアクティベートされた iOS 7 をインストールした、条件を満たす iPhone・iPad から無料でダウンロードできます。

どんなアプリなのかは、以下の記事で簡単にご紹介しています。

デザインを一新したPages/Numbers/Keynoteアプリの変更点まとめ。

iPhone には iCloud アカウントを登録しましょう。設定アプリの【iCloud】で登録でき、同期するデータで「データと書類」をオンにします。

すると、iPhone 版アプリで作成した書類が iWork for iCloud で編集できます。もちろんその逆も可能です。

参考

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ