米Apple StoreでiOS 7の新機能「iBeacon」使った店内サービスを開始?

9to5Mac によると、近いうちにアメリカの Apple Store には iOS 7 の「iBeacon」を使った新サービスが導入されるかもしれません。

iBeacon


(画像引用元:Estimote Beacons — Retail Applications

そもそもiBeaconとは?

iBeacon は iOS 7 で追加された機能で、ビーコンと iPhone 4s 以降の iPhone があれば利用できます。

ビーコンの近くに寄ると Bluetooth をオンにした iPhone が信号を受け取り、これを元に様々な通知を受け取ったり、複数の信号を元に屋内での現在地を測定できます。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

iOS 7の「iBeacon」に注目!「退店で決済」「正確な屋内ナビ」実現か。

製品情報への誘導・関連するワークショップを通知か

9to5Mac が消息筋から得た話では、Apple Store アプリと連携して近くの製品の情報に誘導したり、その製品に関するワークショップを知らせるために使われるようです。

以下は 9to5Mac が作成した予想画像です。

iBeacon


もちろん、通知の受け取りを拒否することもできます。

将来はさらに機能が追加される可能性もあります。例えば、Genius Bar で順番が回ってきた客を探す際に店員が iBeacon を使うことも考えられます。

日本の Apple Store でも iBeacon を使った新サービスが導入されるかは不明ですが、国内では活用例は少ないだけに、導入されればモデルケースになりそうです。

iBeacon対応アプリの開発をサポートするプログラムも準備中?

さらに、Apple は iBeacon を使うアプリの開発をサポートするプログラムも準備中である、との消息筋の話も 9to5Mac は伝えています。

対応するビーコンの普及も必要ですが、開発しやすくなれば iBeacon を使ったサービスも増えることが期待されます。

参考・画像引用元

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ