Cardful – Evernoteで名刺管理 -: 少量の名刺管理ならコレ!無料。

私の名刺管理はCardfulに頼りきっています。つまりオススメです。

cardful - 01
cardful - 02


名刺を頂いたらサクッとCardfulで撮影して、頂いたシチュエーションなどを簡単にメモって保存したら完了です。

名刺を探すときは、お名前か社名、シチュエーションなどをEvernoteで検索すればOKです。Cardfulの文字認識とEvernoteのOCR機能で大抵の名刺は取り出せます。

大体月に10〜30枚程度、名刺をいただく方にはオススメの名刺管理アプリです。
さっそくアプリの使い方や魅力をチェックしていきましょう。

まずはEvernoteと連携させる

cardful - 03
アプリを起動すると、Evernoteへのサインイン画面がでます。

Evernoteアカウントをお持ちでない方は無料で作成できますので、ぜひこの機会に作成してみてください。


Evernoteにサインインすると、アプリと連携することを許可する画面になります。下記画像(右)は、1度許可を出していたことがある場合の「再承認」画面です。

cardful - 04
cardful - 05


cardful - 06
Evernoteと連携させると、どのノートブックにCardfulで取り込んだノートを作成するか選択する画面になります。

後で管理しやすくするため、「名刺管理」というようなノートブックを作成することをオススメします。


これで準備完了です。

名刺を撮影する

cardful - 07
名刺を頂いたらCardfulを起動して、名刺を撮影しましょう。

【名刺の追加】をタップします。


cardful - 08
画面のガイドに合わせて名刺が収まるように、中心と距離を調整します。

撮影するとき、背景が黒い方がこの後のCadfulの機能は正確に動きます。


cardful - 09
画面左下の【四角いボタン】をタップすれば、カメラロールにある画像を取り込むことができます。

iPhoneの標準カメラなどで撮影した場合にも対応できます。


撮影した画像を調整する

cardful - 10
撮影すると、名刺の四隅に自動的にマーカーがつきます。

マーカーがズレている場合、正しい位置にマーカーをドラッグして移動します。

【完了】をタップして次に進みます。


cardful - 11
Cardfulが先ほどセットしたマーカーに合わせて、撮影した画像の不要部分を削除したり、傾きを補正してくれます。

修正後の画像をみて、名刺に書かれている文字が見えるように明るさを調整したり、コントラストを調整します。

横向き名刺の場合、写真を回転させて、正しい方向に直します。


自動認識情報を補足する

よくある名刺の形式で書かれたものであれば、自動的に苗字や名前、会社名、メールアドレス、電話番号などを認識して入力されます。

ここからは手動で必要情報を補足してあげます。私の場合、名前と会社名さえ正しく入っていれば、OKにしちゃいます。
気になる項目はタップすれば自由に編集可能です。

cardful - 12
cardful - 13


入力項目を追加することも可能です。ある程度、名刺によくある項目は「フィールド」に用意されいています。
それ以外にも画面上の【メモ】というタブに自由分をメモったり【タグの追加】を行えます。

cardful - 14
cardful - 15


cardful - 16
これで名刺の取り込み完了です。

撮影する→画像位置を調整する→内容をチェックする→完了、という超ラクチン管理です。


取り込んだ名刺を探す

Cardfulから探す場合【すべての名刺】から確認できます。リスト表示と画像表示の2パターンから名刺を探せます。

cardful - 17
cardful - 18


取り込んだ名刺を探すなら、ぜひEvernoteから探すことをオススメします。
というのも、Evernoteには、Cardfulで自動認識して登録してテキストの文字と画像、両方が保存されているのです。

cardful - 19
cardful - 20


Evernoteには「ノートに貼り付けた画像内にある文字を認識して検索できる」という機能があります。

そのおかげでEvernote内で、名刺を探そうと「キーワード」を入力して検索すると、Cardfulで自動認識されたテキスト文字か、取り込んだ名刺画像の文字がヒットします。

テキストと画像、両方から検索できるので、Cardfulで自動的に取り込まれた内容以外のすべてを手入力する必要がないんです。

Cardfulの自動認識は月10枚まで無料

cardful - 21
Cardfulで撮影した写真から自動的にテキストに起こしてくれる機能は、毎月10枚まで無料で利用できます。

無制限に使用したい方は1,200円で解除できます(ぶっちゃけメチャクチャ安いです)。


名刺を自動認識してくれるだけじゃなく、Evernoteと合わせて使うことでさらに検索精度もあがります。
月10〜30枚程度の名刺登録であれば、Cardfulをオススメします!

おすすめ iPhone アプリ
Cardful  - Evernoteで名刺管理 - ・開発: SOURCENEXT CORPORATION
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ビジネス
・容量: 15.4 MB
・バージョン: 1.0.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
3Dコマンドバトルとフルボイスが可愛いオタクガールズRPG「ぱすてるメモリーズ」登場! 今なら事前登録するだけで、ガチャが引ける「想聖石」が手に入るぞ!

ぱすてるメモリーズ

AppBank 全力プッシュ!

オススメ