スマホ連動アルコールチェッカーの決定版「Alcohoot」がアメリカで発売開始。

酒好きスマホユーザー必携のアイテム!

pauls1218alcohoot - 1


スマートフォンと連動したアルコールチェッカー「Alcohoot」がアメリカ国内で発売開始となりました。

気軽に測定できるうえに、精度は従来の安価な製品よりもはるかに高いそうです。酒好きスマホユーザーの方は、飲酒・酒気帯び運転を防ぐためにひとつ持っておくと役立ちそうですよ!

くわしくはこちら→Alcohoot | You’re in control.

携帯性と性能の高さがウリ

「Alcohoot」は、スマートフォンのイヤフォンジャックに挿して使うアルコールチェッカー。

ジッポライターくらいの大きさの本体に息を吹きかけて、血中アルコール濃度を測定。測定データを専用アプリで管理します。

対応機種はiOSとAndroid。iOSでは、新しいものにはすべて対応していますが、Androidでは一部のフラグシップモデルにのみ対応しているそうです。
対応機種→Which smartphones work with Alcohoot? – Alcohoot

pauls1218alcohoot - 2


「Alcohoot」に使われているセンサーは、警察機関で使うものと同じくらい高性能だそうです。従来の安価な類似品とは一線を画するのだとか。

内蔵の充電電池で連続500回の測定が可能。充電用USBが付属するので繰り返し使えます。

測定に使うマウスピースが8つ付属しているので、一つの「Alcohoot」を複数人で共有することもできます。飲み会の後に使えばみんなの安全を守れますね。

pauls1218alcohoot - 4


専用アプリにも便利な機能がつまっています

測定したデータは専用アプリ「Alcohoot」で記録できます。測定結果をグラフ化できるので、自分のアルコール分解速度がわかります。お酒の飲み方を変える助けになりそうです。

また、近くにある深夜営業のレストランを地図上で表示したり、送迎サービス「Uber」の利用をサポートしてくれます。

pauls1218alcohoot - 3


おすすめ iPhone アプリ
Alcohoot ・開発: Alcohoot LLC
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
・容量: 9.9 MB
・バージョン: 1.1


気になる値段は120ドル。性能の高さや、飲酒運転で検挙されるリスクを考えれば、決して高くないかもしれません。

残念なのが、現在発送がアメリカ国内のみであること。はやく日本でも発売を開始して欲しいですね!

参考

Alcohoot: A breathalyzer smartphone accessory that just might change the world – The Next Web

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!