Adonit Jot Script Evernote Edition: ボールペンに1番近い使い方ができる極細タッチペン

iPadでメモやノートを集約したい方、必見です!

JotEvernote - 01


紙にボールペンでメモを書いているように、iPadでデジタルメモが書けるようになるタッチペン「Adonit Jot Script Evernote Edition」をご紹介します。

このタッチペンがあれば、仕事中にメモ帳とペンを持ち歩かなくてよいです。紙とペンをiPadとタッチペンに持ち変えてしまう、すばらしいタッチペンです。

今までのタッチペンのどれとも違う書き心地です。タッチペンのどれかと比較するよりボールペンの方が近いです。
その書き心地を演出している極細のペン先に注目してみましょう!

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼


Jot Scriptで早書きメモを撮っている様子

Jot Scriptが、いかにボールペンのように書けているのか、という様子を動画に撮影しました。

Jot ScriptはEvernoteとコラボしたタッチペンです。デジタルノートの代表であるEvernoteのお墨付きタッチペン。
これが書きづらいわけがありません!

JotEvernote - 02


ペンにはEvernoteのゾウさんが印刷されています。これが書き心地抜群の印です。

JotEvernote - 03


ペン先に注目!

未だかつてない細さ、わずか1.9mmのペン先を実現したタッチペンです。
ボールペンじゃないですよ?これがJot Scriptです。
メチャクチャ細いですよね。

JotEvernote - 04


ちなみにこれが私が宅急便などのサインに使っているボールペンのペン先です。

JotEvernote - 05


並べてみました。
左がボールペン、右がJot Scriptです。ほんのわずかだけペン先が尖っているか尖っていないかぐらいの違いです。

JotEvernote - 06


さらにシャープペンを並べてみました。最近めったに使っていないのでボロボロです…。
シャープペンの芯が出てないところとJot Scriptが同じぐらいの太さのようです。

JotEvernote - 07


もはや比較にならないタッチペン同士の比較

私がラクガキ中に使うタッチペンの神様Su-Pen(左)、そして今回のタッチペンJot Script(真ん中)、今まで文章書きのときは活用していたJot mini(右)を並べてみました。

同じタッチペンというカテゴリですが、より筆記用具っぽいのはJot Scriptです。

JotEvernote - 08


上から眺めてもやはり1番筆記用具に見えるのは真ん中のJot Scriptです。

JotEvernote - 09


Jot Scriptがもつ機能

Jot Scriptについているボタンは1つだけ、電源スイッチです。グリップ中盤にあるボタンを長押ししてON/OFFを切り替えます。
電源状況はスイッチの上にあるインジケーターランプで確認できます。

JotEvernote - 10


単4電池1個で動くタッチペンです。グリップは握りやすく滑りにくい溝が掘られています。

JotEvernote - 11


Jot Script連携アプリである「Penultimate」を使えば、紙とペンを持ち歩いているように日常のメモがとれます。

JotEvernote - 12


アプリ連携でできることや活法方法は、また後ほど別の記事にてじっくりご紹介させていただきます。

JotEvernote - 13


まずはタッチペン「Jot Script」はボールペンに1番近いタッチペンだということをお届けさせていただきました。
私はJot miniを卒業します!!

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

合わせて使いたいアクセサリ

ipadAirGlass ボールペンみたいにカツカツ書き殴ってしまうからこそ役立つのがこれ。
相性最強です。

【iPad Air専用】 クリスタルアーマー ラウンドエッジ強化ガラス 液晶保護フィルム with Fusso


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!