Upload Custom Video to Vine: カメラロールにある動画をVineに投稿できるアプリ。

人気急上昇中の動画共有サービス「Vine」を使っている方は、要チェック!!

updatevine - 05
updatevine - 04


高校生をはじめとする若い世代に大人気の動画共有サービス、「Vine」。

6秒の動画を撮影してアップするというものですが、今回紹介するのは、カメラロールにある動画からvineに投稿できるアプリ、Upload Custom Video to Vine

エフェクトやBGMをつけた動画も、6秒に切り取れば、Vineに投稿できるようになります。

他のアプリで加工した動画を投稿してみました。

ブリ大根、Vineやっています。ぜひ、フォローお願いします→Vine buridaikon

Vineアカウントでログイン。

updatevine - 01
アプリを起動したら、Vineに登録しているアドレス・パスワードを入力します。


updatevine - 04
Vineにログインすると、カメラロールに入っている動画が表示されます。

この中から、Vineに投稿したい動画を選択します。6秒以上の動画でも選択可能です。

ちなみに、今回選んだのはRoadMoviesで作成したアプリです。


動画を選択すると画面上に動画の帯が表示されます。黄色い枠で囲まれた部分を移動させてシーンを選択します。選択できるのは最大6秒です。

updatevine - 05
updatevine - 06


画面上の帯の部分を長押しすると、動画の始め・終わりを細かく調節できます。
シーンの選択が終わったら、画面右下の【Choose】をタップします。

updatevine - 07
updatevine - 08


そして、【Upload】をタップして、Vineに投稿ができます。

updatevine - 09
updatevine - 10


updatevine - 11
Vineのアプリを起動しました。先ほど編集した動画が投稿されています。

他のアプリで作成した動画もアップロードできるので、エフェクトやBGMをつけたものでもOK!

Vineをやっている方は、ぜひお試しください。


ログイン時のアドレス・パスワードの確認方法

Vineアプリのプロフィールから【設定】を選ぶと、アカウント情報が見られます。アドレスを登録していない場合は、ここで登録しましょう。またパスワードを忘れた方は再設定できます。

updatevine - 02
updatevine - 03


最初から6秒の動画を撮らなくても、別のアプリで撮影した動画から、好きなシーンだけを切り取ることができます。
人気急上昇中の動画共有サービス「Vine」。使い方がぐっと広がるこちらのアプリ、ぜひ使ってみてください。

おすすめ iPhone アプリ
Upload Custom Video to Vine ・開発: App Features
・掲載時の価格: ¥100
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 6.5 MB
・バージョン: 3.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ