「iPhone 6」リーク写真は偽物? 写真加工・既出デザインの疑いが浮上。

昨日の iPhone 6 のリーク写真は「偽物ではないか?」との疑いが強まっています。

iPhone 6


(画像引用元:Twitter @mornray886)

Mac Rumors によれば、公開されたリーク写真には加工された部分があるようです。

さらに TechCrunch は、似たデザインの iPhoen 6 予想画像が過去に公開されていたことを報じています。

「リーク写真」に加工の疑い?

Mac Rumors によれば、公開されたリーク写真には同じテクスチャの使い回し・「iPhone」ロゴのフォントの違いといった疑問点が見つかっています。

9to5Mac も同様に「偽物であるようだ」と記事に追記しています。

既出の予想画像を元に作成?

TechCrunch は、似たデザインの iPhone 6 予想画像がすでに公開されていた、と報じています。

その iPhone 6 予想画像は、Steve Hemmerstoffer 氏と Martin Hajek 氏が共同制作したもので、2013年3月に公開しています。

iPhone


(画像引用元:Martin Hajek 氏のウェブサイト)

2013年11月には、ゴールドカラーの iPhone 6 予想画像を公開。3D レンダリングに必要なファイルも同時に公開しています。

iPhone


(画像引用元:Martin Hajek 氏のウェブサイト)

さらにリーク写真風に仕上げたものまで公開されています。

iPhone


(画像引用元:Martin Hajek 氏のウェブサイト)

こうしたことから、昨日公開された iPhone 6 リーク写真は偽物である可能性が高いと考えられています。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ