iPhoneを守る最後の砦「アクティベーションロック」の設定方法

iPhone の「アクティベーションロック」という機能をご存知でしょうか?

iPhoneを探す


アクティベーションロックは iCloud の「iPhone を探す」機能の一部です。

「iPhone を探す」をオンにすると自動的にアクティベーションロックが有効になります。
また、有効中は以下の作業を行う際は Apple ID のパスワードを求めるようになります。

  • 「iPhone を探す」をオフにする
  • iPhone を初期化する
  • 初期化後の iPhone をアクティベートする

知らないうちに機能がオフにされることがなくなります。これにより、紛失・盗まれた iPhone の無断使用・転売を抑止します

今回はアクティベーションロックの使い方に加え、合わせて設定しておきたいセキュリティ機能をご紹介します。

アクティベーションロックの設定方法

※この機能は iOS 7 で追加されたものです。iOS 6 では利用できません。

左:設定アプリを開きます。
右:【iCloud】をタップします。

アクティベーションロック
アクティベーションロック


アクティベーションロック
iCloud を使っていない場合は、【無料のApple IDを作成】をタップしてアカウントを作成しましょう。


アクティベーションロック
すでに iCloud を使っている場合は、画面を下にスクロールして「iPhoneを探す」をオンに切り換えます。


パスワードなしで機能を解除できるバグの対策

こちらのページでご紹介しています。

認証なしで「iPhoneを探す」解除できるバグ、悪用を防ぐ対策は?

合わせて設定しておきたい機能

アクティベーションロック
設定アプリの【一般】>【パスコードロック】を開き、【パスコードをオンにする】からパスコードを設定しましょう


アクティベーションロック
「パスコードを要求」が「即時」になっているかを確認します。


アクティベーションロック
さらに【データを消去】もオンにします。

パスコード入力を10回連続で失敗すると、iPhone 内のデータが消去されるようになります。


アクティベーションロック
設定アプリの【一般】にある【自動ロック】を短い時間に設定しましょう。

iPhone を放置した際に自動でロックされるまでの時間が短ければ、その分だけ無断で操作される可能性が減ります。


アクティベーションロックは本当に破られないのか?

実際に試してみました。

「iPhone を探す」をオフにしようとすると、Apple ID のパスワードが求められます。iCloud の設定そのものを削除しようとしても同様です。

iOS 7.0.x では、これを回避できてしまう不具合も見つかっていますが、先ほどご紹介した対策を行うことで悪用を防げます。

左:設定アプリの【リセット】から iPhone を初期化しようとすると…
右:パスワードが求められます。

アクティベーションロック
アクティベーションロック


iTunes を使って初期化しようとすると、「iPhone を探す」をオフにするように求められて作業を続行できません。

アクティベーションロック


リカバリモードを使うと…初期化できました。

アクティベーションロック


アクティベーションロック
しかし、冒頭でご紹介した通り、初期化後のアクティベーションの段階で Apple ID とパスワードが必要になります。


設定後も紛失・盗難には要注意!

アクティベーションロックが突破される可能性はゼロではありません。例えば、Apple ID とパスワードを総当たりで試す方法も考えられます。

さらにアクティベーションロックを設定したからといって、紛失した・盗まれた iPhone が戻ってくる保証はどこにもありません。

アクティベーションロックを設定した上で、iPhone の取り扱いには普段から注意することが肝心です。

参考

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ