iOS 7にマルチタスク悪用の恐れ。バックグラウンドで操作を記録可能。

バックグラウンドで動くアプリに注意が必要です。

0226fannews1 - 1


セキュリティ企業FireEyeによると、iOS 7で悪意のあるアプリがバックグランドで動作しているとき、起動中のアプリの操作を記録しサーバーへ送信できることを確認したとしています。

この操作はジェイルブレイクしていない、iOS 7上でも可能だそうです。FireEyeでは悪意のあるアプリに操作を記録されないよう注意を促しています。

同時に、今できる対策も紹介しているのでその方法を詳しく解説します。

対策1・Appのバックグラウンド更新を許可しない

0226fannews1 - 2
一つ目はAppのバックグラウンド更新を許可しない方法です。

不要なアプリの更新許可をオフにすることで、知らないうちに情報を記録されることを防ぐことができます。

【設定】→【一般】→【Appのバックグラウンド更新】に進みます。


0226fannews1 - 2
ここで、不要なアプリの更新許可をオフにしていきます。

ただし、音楽再生アプリなどの場合はこの許可をオフにしても効果のないことがあります。
悪意のあるアプリが音楽アプリに偽装しているなどの場合はこの対処では不十分ということになります。


対策2・マルチタスクから不要なアプリを削除

0226fannews1 - 2
もう一つの方法はマルチタスクから不要なアプリを削除することです。

バックグラウンドにアプリが残っていなければ、情報を記録することはできないので、今できる最も確実な方法といえます。


対策3・iOS 7のセキュリティアップデートきたら、必ず行う

こちらは即座に実行できる対策ではありませんが、セキュリティ上のバグはiOS 7のアップデートで修正されると予想できます。iOSのアップデートが来たら、必ずインストールを行いましょう。


バックグラウンドで動作しているアプリは普段放置しがちですが、定期的にチェックし不要なアプリは削除するようにしましょう。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ