iCloud使ってますか? 使うとiPhoneが何倍も使いやすくなります

iPhone を使っていると1度は目にする「iCloud」ですが、「よく分からないから使っていない」という方も多いのではないでしょうか?
この記事では、iCloudとは?どんなことができるの?などの疑問を解決できるよう、iCloudでできること説明をしています。

iCloudとはアイクラウドiPhone
iCloudとはアイクラウドiPhone


iCloud は Apple が提供しているサービス。さまざまな機能が無料で利用できます。(容量追加時のみ料金が必要です)

純正サービスなので iPhone・iPad・Mac との相性は抜群。特別なアプリは不要で、App Store でアプリをダウンロードしたことがあれば、すぐに使い始められます。
iCloudを完全に活用できれば、iPhoneをさらに快適に利用できること間違い無いですね。

今回は、知らない・使わないともったいない iCloud の機能をご紹介します。

iCloudで何ができる?

さまざまなデータを保存し、他のデバイスと同期できるサービスです。

iCloudとはアイクラウドiPhone


データは Apple のサーバに保存されます。ですから、新しい iPhone に機種変更した時・iPad を買った時にデータの移行が簡単に行えます。

iPhone が壊れてしまっても、最後に保存したデータはiCloudに残っています。新しい iPhone で同じ iCloud のアカウントを使えば、データを復元できます。

さらにiCloudの中に保存したデータの一部は、他のデバイスとも同期できます。たとえば iPhone で連絡先に加えた変更は iPad や Mac にも反映されます

iCloudで使える機能は?

iCloud の機能は「同期する」「バックアップする」「メール」「iPhone を探す」の4種類に分けることができます。

1つずつ見ていきましょう。

その1:iCloudに「同期する」

データは同じ Apple ID で iCloud を使っている iPhone・iPad の間で同期されます。一部は PC とも同期できます。

どんなデータが同期できるのかというと、まず「カレンダー・連絡先・リマインダー・メモ」です。

さらに Safari に登録している「ブックマーク」のほかに、iPhone の Safari で開いている「タブ」を iPad や Mac で開き直すことも可能です。

iCloudとはアイクラウドiPhone同期


撮った写真は「フォトストリーム」に1,000枚まで、あるいは30日間は保存されます。iPhone で撮った写真を iPad・Mac ですぐに見られます。

家族や友達と写真を共有できる「共有フォトストリーム」機能もあります。

iCloudとはアイクラウドiPhone写真


さらに「iCloud キーチェーン」でウェブページのパスワードを保存し、それを iPhone・iPad・Mac の間で同期させて活用できます。

iCloudとはアイクラウドiPhone写真同期


iCloud に対応したアプリなら、文章などのファイルを iCloud に保存できます。データは対応アプリをインストールした、他の iPhone・iPad・Mac からも開けます。

iCloudとはアイクラウドiPhone同期


その2:iCloudで「バックアップする」

iPhone の重要なデータだけを iCloud の専用スペースにバックアップできます。無料でバックアップできるのは最大 5GB までです。

iCloudとはアイクラウドiPhoneバックアップ


パソコンにiPhoneをつなぎ、iTunes で iPhone をバックアップする時と違い、バックアップできるデータは限られてしまいます。iCloud の容量を節約するためです。

iCloud でバックアップする場合、以下のデータがバックアップ対象になります。

  • カメラロールの写真とビデオ
  • 設定
  • アプリのデータ
  • ホーム画面のアプリの配置
  • iMessage・SMS・MMSのメッセージ
  • 着信音
  • ビジュアル・ボイスメール

上記のデータはあまりサイズが大きなものがありません。無料でバックアップできるデータの最大は 5GB ですが、その中に収めることも不可能ではありません。

なお、iTunes Store で購入していない曲・動画はバックアップされません。iTunes Store で購入したコンテンツはStoreから再度ダウンロードできます。アプリも同様です。
※ Storeから取り下げられた曲やアプリは再ダウンロード不可能です。

連絡先・カレンダー・ブックマークなどは iCloud で同期できるので、バックアップする必要がないために除外されています。
バックアップデータの種類については、次回詳しくご紹介します。

その3:iCloudメール

iCloud を使い始めると「○○○@icloud.com」で終わるメールアドレスが取得できます。

iCloudとはアイクラウドiPhoneメール


iPhone・iPad・Mac のメールアプリはもちろん、専用ページにアクセスすれば Gmail のようにブラウザからメールを送受信できます。

サーバにメールが保管されている上、未読・既読の状態も同期されるので、どこからでも新着メールを確認できます。

その4:iCloudでiPhoneを探す

この機能を使えば、専用アプリから iPhone・iPad の位置情報を確認できます。

iPhone のロック・メッセージ送信・サウンド再生のほかに、iPhone の初期化も行えるので個人情報漏えいのリスクを減らせます。

iCloudとはアイクラウドiPhone位置情報 iCloudとはアイクラウドiPhone位置情報


さらに iPhone を初期化しても、Apple ID の情報を入力しない限りは iPhone が使えなくなるので、盗難・転売の抑止にもなります。

iPhoneを守る最後の砦「アクティベーションロック」の設定方法

iCloud の設定方法

左:設定アプリを開きます。
右:【iCloud】をタップします。

iCloudとはアイクラウドiPhone設定
iCloudとはアイクラウドiPhone設定


iCloudとはアイクラウドiPhone設定iTunes Store・App Store で使っている Apple ID とパスワードを入力して【サインイン】をタップします。

Apple ID を新たに作る場合は下の【無料のApple IDを作成】から作成できます。


iCloudとはアイクラウドiPhone設定あとは必要な機能をオンに切り替えるだけです。


次回は「iCloudの容量」を解説!

iCloud を使い始めると気になるのが「容量」です。
無料で使えるのは 5GB までですが、どんなデータがこの 5GB にカウントされるのかは気になるところです。
ご存知ですか? iCloudでバックアップされるデータには制限があります。

その他の小技をチェック!

iCloudの容量に困った時は!
iCloudに空き容量がないときの対処法

「教えて!」記事の一覧ページ

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!