moshi SenseCover: 通話が多い方にオススメの近未来ケース!!

閉じたまま通話ができる全く新しいケース、moshi SenseCoverの紹介です。

moshi SenseCover


液晶画面を守るフリップタイプで、閉じた状態から着信の「応答」ができ、そのまま「通話」もできるという、今までになかった全く新しいケースです。

通話が多く液晶画面を汚したくないという方にオススメで、液晶面を閉じた状態でも時間がチェックできるなど、通話が多いビジネスマンや、化粧をしている女性にオススメ!!

▼AppBankStoreでチェック▼


通話が多い方にオススメの近未来ケース

moshi SenseCover


通話終了後のイヤのことの1つに、液晶画面に付着する皮脂などがありました。このケースを装着することで「液晶画面を拭く」という必要がなくなり大満足です!!

私も普段から通話が多いので、現在愛用しています。


moshi SenseCover をチェック

こちらがパッケージです。

moshi SenseCover


ポリカーボネートと、PUレザーを組み合わせた素材です。

moshi SenseCover


iPhone の側面を先に入れ、装着していきます。

moshi SenseCover


力を入れることなく装着できます。また脱着もスムーズにおこなえました。

moshi SenseCover


日時の確認がスムーズ

液晶面を守るフリップケースなのにも関わらず、日時の確認が瞬時にできます。

moshi SenseCover


着信相手がすぐに確認できる

電話がかかってきて、すぐに着信相手の確認ができるのは嬉しい。

moshi SenseCover


通話開始も閉じたまま!!

指に触れることで、感知するプレートがあり、閉じた状態からでも、通話を開始することができます。

moshi SenseCover


プレート部分の、赤色周辺をタップすることで「着信を拒否」、緑色周辺をタップすることで「着信に応答」することも可能です。

moshi SenseCover


背面はアップルマーク部分が開けられています。

moshi SenseCover


液晶面を裏側へ持っていくことで、ケースを気にすることなく iPhone を操作できます。

moshi SenseCover


下部も大きく開けられているので、イヤフォンや、充電ケーブルとの干渉もありません。

moshi SenseCover


現在私も愛用中です。

moshi SenseCover


仕事柄、通話をすることが多いのですが、iPhone の液晶画面を保護しながら通話ができるので、皮脂などの汚れを付けることがありません。この点が特に気に入っています。

現在私も愛用しているケースです。通話が多いという方購入してください。


▼AppBankStoreでチェック▼


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!