IFTTT: 写真や連絡先のバックアップやツイートを全自動でしてくれるすごいヤツ。無料

イフト(IFTTT)って聞いたことありますか?

ifttt - 03
ifttt - 06


IFTTTってめっちゃ賢いヤツなんです。「レシピ」と呼ばれる行動パターンを登録しておくと、あとは全部自動で色々してくれます。

例えば「写真」のバックアップ。「連絡先」のバックアップ。会社を出たら奥さんに自動SMS送信。
こんな風に「◯◯したらXXする」と行動が決まっているのならIFTTTが代わりにやっちゃいます。

IFTTTとはいったい何者なのか。気になってきましたよね?

もし◯◯したらXXする

ifttt - 01
IFTTTが自動で実行できるのは「起点」と「結果」が決まっていることです。

「もし◯◯なら」という行動の起点。
「XXする」という行動の結果。
この◯◯の部分とXXの部分を自由に登録できます。


ifttt - 02
多くはWebサービスが起点や結果パターンとして用意されています。
でも、iPhoneの一部の標準アプリもこのパターンとして利用できるのです!

これが意外と役立つ嬉しいヤツなんです。


ifttt - 03
IFTTTに自動実行させる内容は「レシピ」として登録しなければいけません。

ということで、さっそくIFTTTでレシピを登録する方法を確認しましょう。


写真をバックアップするレシピをつくろう!

ifttt - 04
何はともあれIFTTTに登録です。
もちろん無料で登録できます。


ifttt - 05
右上の【すり鉢】ボタンをタップしてレシピをみに行きます。


ifttt - 06
左上の【メガネ】ボタンは、他の人が作ったレシピを借りに行くボタンです。

自分で作るには右上の【+】ボタンをタップします。


ifttt - 07
まずは「◯◯したら」の自動実行の起点を作ります。

青い【+】ボタンをタップします。


ifttt - 08
画面上にいろんなアイコンが表示されます。

左右にスワイプして、起点にしたい行動を選びます。
今回は「iPhoneで写真を撮影したら」という起点を選択します。


ifttt - 09
起点を選択したら次は、行動結果を選択します。

赤い【+】ボタンをタップします。


ifttt - 10
結果アクションも起点と同様、現れるアイコンを左右にスワイプして選びます。

今回は「Dropboxに保存する」という結果にします。


ifttt - 11
最後にこのレシピであっているか確認です。

if [写真アイコン] then [dropboxアイコン]

となっています。
実行後の通知など色々設定できることもありますが、気にせずとりあえず【Finish】です。


これでレシピ完了です。iPhoneでIFTTTアプリがバックグラウンドで実行されていれば、自動的にDropboxへ写真が保存されていきます。

他の人の作ったレシピをみて研究しよう

公開されているレシピはいくらでも借りて自分の環境でも同様に実行することができます。
新規レシピ作成画面の【メガネ】ボタンや【Sarch】ボタンからいろんなレシピをみてIFTTTの使いかたを学びましょう。

ifttt - 12
ifttt - 13


iPhone内のアプリだけじゃなく、TwitterやFacebookなど色々なWebサービスを渡り歩いたレシピが作成できます。
使いかた次第では日々の行動を自動化して時短になります。ぜひぜひいろんな使いかたを探してみてください。

おすすめ iPhone アプリ
IFTTT ・開発: IFTTT Inc
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 17.1 MB
・バージョン: 1.3.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ